扶桑社新書<br> 日本会議の研究

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

扶桑社新書
日本会議の研究

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 新書判/ページ数 302p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784594074760
  • NDC分類 361.65
  • Cコード C0295

出版社内容情報

「右傾化」の淵源はどこなのか?
「日本会議」とは何なのか?

市民運動が嘲笑の対象にさえなった80年代以降の日本で、めげずに、愚直に、地道に、そして極めて民主的な、市民運動の王道を歩んできた「一群の人々」がいた。

彼らは地道な運動を通し、「日本会議」をフロント団体として政権に影響を与えるまでに至った。
そして今、彼らの運動が結実し、日本の民主主義は殺されんとしている。――

安倍政権を支える「日本会議」の真の姿とは? 中核にはどのような思想があるのか?
膨大な資料と関係者への取材により明らかになる「日本の保守圧力団体」の真の姿。


菅野 完[スガノ カン]

目次

第1章 日本会議とは何か
第2章 歴史
第3章 憲法
第4章 草の根
第5章 「一群の人々」
第6章 淵源

著者等紹介

菅野完[スガノタモツ]
著述家。1974年、奈良県生まれ。一般企業のサラリーマンとして勤務するかたわら執筆活動を開始。退職後の2015年より主に政治分野の記事を雑誌やオンラインメディアに提供する活動を本格させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 5件/全5件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

404
確かに保守系の雑誌とかには日本会議系の人が多いし、日本会議の組織の概要を知ることが出来た。とにかく改憲、反フェミだけでまとまっていて具体的には何するんだろうな。2017/02/22

遥かなる想い

318
第1回(2017年)大宅壮一メモリアル ノンフィクション賞 読者賞。 改憲に向けてひた走る安倍内閣を支える 「日本会議」という右翼的組織の存在を 大胆に描く。この内容が真実だとすると 正直怖い気がする。 安倍一強の時代に 安倍内閣の周辺を支える 「日本会議」とは何なのか?学生運動に 端を発する青年たちが、その後本当に何十年もの間、黒幕として 関わってきたのだろうか? ..真偽はともかくとして、この国は本当は 誰に動かされているのだろう、 そんな不安を感じる読後感だった。2017/06/23

ハイランド

155
日本会議の存在を白日の下に晒して話題となった一冊。安倍内閣の思想的背景が日本会議であり、その源流は生長の家である。彼らの理想が戦前の大日本帝国の復活というものらしい。日本会議と安倍政権、なんとも薄気味悪い二人三脚ではある。評判になった理由は分かりやすさとドラマ仕立てにある。著者のスタンスが反日本会議、反安倍政権であり、日本会議の活動の黒幕をあぶりだすという構成が、まるでサスペンスものを読んでいるようなカタルシスがある。塚本幼稚園の記述もありキャッチーな本だが著者自身の立ち位置が今一つ掴めなかったのが残念。2017/08/30

fwhd8325

150
いつの間にか強い影響力を持っていた日本会議なる組織とは?そんな疑問はありましたが、あまり関心は持ちませんでした。しかし、この著書が発売差し止めのニュースを見て、読んでみようと思ったところに、森友事件が起きました。222ページに塚本幼稚園のことが書かれていたり、籠池氏も登場します。思想は自由だと思いますが、思想を貫くのであれば、その覚悟を見せなければ池なんだと思います。かつては、左翼も右翼ももっと本筋で生きていたと思います。この組織の成り立ちや考えはわかったように思います。2017/03/08

Piichan

123
この本を読んで思ったのは日本会議関係者は左派や韓国・中国に負けたくないという幼稚な行動原理で動いているということです。日本社会が効率性を重視するようになり、日本会議の幼稚な行動原理が受け入れられやすくなり、豊富な教養に裏づけされた左派はますます不利になっています。左派・リベラル勢力は辻元清美氏のような大衆に訴えかけるのがうまい人を育てなければいけないと思います。この本のように社会のできごとを可視化するというノンフィクションの基本をふまえた本がこれからも増えてほしいです。 2016/07/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10918530

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。