扶桑社新書<br> 生活保護が危ない―「最後のセーフティーネット」はいま

  • ポイントキャンペーン

扶桑社新書
生活保護が危ない―「最後のセーフティーネット」はいま

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 257p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784594057459
  • NDC分類 369.2
  • Cコード C0295

内容説明

「普通に暮らしていきたい」と思っていても、リストラや病など、ほんのわずかな偶然が重なれば、いつ貧困に陥ってもおかしくはない。貧困が身近になりつつある現在、もはや生活保護をめぐる問題は他人事ではない。あらゆる社会矛盾が、最後のセーフティーネットに雪崩をうって流れ込み始めたいま、雇用や年金も含めた抜本的な対策を打ち出せなければ、最後のセーフティーネットさえ守れなくなる…。

目次

第1章 あなたの隣で
第2章 現場はいま
第3章 保護の街
第4章 漂流する論議、加速する現実
第5章 再生の手がかり
第6章 声は届くか