扶桑社新書
親より稼ぐネオニート―「脱・雇用」時代の若者たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 255p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784594052454
  • NDC分類 371.47
  • Cコード C0295

内容説明

厳しい労働環境下に置かれる「就職氷河期」世代の若者たち。ニート不安に揺れる彼らの間から、会社に雇用されることを捨てた「ネオニート」と呼ばれる成功者たちが続々と現れ始めている。大ヒットアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に心酔し、「自分の能力を受け入れてくれる会社はない」と悟った彼らは誰にも縛られない稼ぎ方に目覚め、持て余した時間と力を存分に発揮して短期間で儲けだし、同世代の羨望の的になったのだ。

目次

第1章 「ネオニート」の誕生―「就職氷河期」世代のサバイバー
(「ネオニート」とは何か?;個人投資家ブームの裏側で;「脱・雇用」から豊富な収入手段へ)
第2章 ルポ「雇われる」を捨てたら、親より稼げた!―ネット・ビジネス編(ヲタク出身の素人童貞が1年半で月収300万円;1年で年収1000万を超えた元フリーター;アフィリエイトで稼ぎながら南の島で暮らす女性;東京でしか買えない服を地方に売った女子高生;ネット・ビジネスが「敗者」を救う!)
第3章 ルポ「雇われる」を捨てたら、親より稼げた!―ゲストハウス経営編(ゲストハウスなら家賃収入も夢じゃない;脱サラ3年で家賃収入とコンサルティング;女性専用ハウスを運営する子育て主婦)
第4章 ネオニートの労働観―『エヴァ世代』は自分を愛せる仕事を求める(「下流」の自覚から始めよう;「みんなと同じ」を嫌がる下流層;「エヴァ世代」は自分を目指す;自営で無理なく稼ぐ方法;資本主義社会における「勝ち組」)
第5章 座談会「ネオニートは労働からの解放を叫ぶ革命家なのか?」(終身雇用が信じられない時代の試み;優秀な人材が浮いてしまう日本企業の体質;人より速くできて、言われなくてもやりたい作業で稼げ;ダメ元でメジャー企業に売り込んでも返事は来る)

著者紹介

今一生[コンイッショウ]
1965年群馬県生まれ。フリーライター&エディター。1997年、『日本一醜い親への手紙』3部作(メディアワークス)をCreate Media名義で企画・編集し、ベストセラーに。1999年に『完全家出マニュアル』(同)を発表し、「プチ家出」が流行語になる。若者事情に詳しく、マスコミへのコメント提供や講演活動も精力的に行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

厳しい労働環境下に置かれる「貧乏クジ世代」とも呼ばれる20代後半~30代の若者たちの中から、「雇用」を捨て、不労所得や自営業によって親や同世代以上の年収を稼ぐ「ネオニート」なる成功者が現れ始めた。彼らは一体何者なのか? 彼らの収入術とは何なのか? 若者取材暦10年続の著者が、その実態に迫る。