韓国分裂―親北左派vs韓米日同盟派の戦い

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 236p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784594050160
  • NDC分類 302.21
  • Cコード C0095

内容説明

盧武鉉政権はなぜ親北朝鮮・中国路線を進むのか。そして苦悩する保守勢力は韓国を守り切れるのか。これは対岸の火事ではない。

目次

第1部 盧武鉉政権の危険な「反日」(盧武鉉政権・反日の構図;日韓保守派の対話;竹島騒動と日韓関係)
第2部 韓国の拉致と教科書問題(見捨てられてきた韓国人拉致;韓国の教科書問題とは;「内在的接近法」の毒)
第3部 韓国を蝕む親北左派勢力(一九八〇年代、職業的革命家集団の登場;一九九〇年代、韓国を蝕む「主思派」の危険;二〇〇〇年代、権力を握った親北左派勢力)

著者紹介

西岡力[ニシオカツトム]
東京基督教大学教授。「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)」常任副会長。1956(昭和31)年、東京都生まれ。国際基督教大学卒業。韓国延世大学留学。筑波大学大学院地域研究科修了。82~84年、在ソウル日本大使館専門調査員。現代コリア研究所主任研究員を経て『現代コリア』編集長(~2002年)。97年より北朝鮮拉致被害者家族とともに救出活動を展開している