• ポイントキャンペーン

扶桑社セレクト
匂いたつ官能の都

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 581p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784594050313
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

「匂い」という感覚を通して描かれる、現代世界文学の最前線、仏ゲラン賞受賞作。人並みはずれて鋭敏な「匂い」の感覚を持ったインド系の女性リーラが、異国の都パリで体験する、もうひとつの「パリ」とは?スパイスの匂い、ワインの香り、薔薇の芳香、台所の悪臭、男性の体臭…。いま、世界で最もエスニックな都会であるパリを異邦人女性の嗅覚を通して描いて、世界十七か国に翻訳された鮮烈なデビュー作。ラヒリ『停電の夜に』に続くインド発の現代世界文学の最先端作品、ここに登場。

著者紹介

ジャ,ラディカ[ジャ,ラディカ][Jha,Radhika]
1999年インドのペンギン社から出版された『匂いたつ官能の都』でデビュー。フランスのパリに交換留学生として滞在したことがあり、現在はインドのデリーに在住。『匂いたつ官能の都』は2002年フランスで「匂い」「味覚」「香水」にまつわる作品として、ゲランの調香師ジャン=ポール・ゲランより、ゲラン賞を授与された。また、同著作は世界で17の言語・地域で翻訳されている。現在、2006年に発表される次回作を執筆中

森田義信[モリタヨシノブ]
翻訳家、音楽ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)