• ポイントキャンペーン

扶桑社ミステリー
ロマンス作家「殺人」事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 467p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784594049843
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

ニューヨークで開催中の、歴史ロマンス作家大会にもぐりこんだジャクリーン。そのパーティの真っ只中、参加者のスキャンダルを追っていた女性コラムニストが変死を遂げる。自然死か、それとも殺人か。容疑のかかる作家や出版関係者は、いずれおとらぬクセモノぞろい。奇人変人の群れをかいくぐって、素人探偵がたどりついた事件の意外な真相とは?『ベストセラー「殺人」事件』に先立つジャクリーンの大活躍。MWA賞受賞作家による大好評ユーモア本格ミステリー第三弾。

著者等紹介

ピーターズ,エリザベス[ピーターズ,エリザベス][Peters,Elizabeth]
1927年生まれ。エジプト考古学者。66年、バーバラ・マイクルズ名義で作家デビュー。68年から、エリザベス・ピーターズ名義でミステリーを書きはじめ、歴史をからめた本格もので人気を博す。98年、アメリカ探偵作家クラブ賞の巨匠賞に選ばれる

本間有[ホンマユウ]
英米文学翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ごへいもち

19
読むのに時間が意外にかかった2018/08/05

鐵太郎

7
ジャクリーン・カービーものの(原作刊行順で)第三巻。「リチャード三世」で張り切り司書だった彼女が、ロマンス小説の世界で新進作家としてケバケバ衣装で闊歩するまでに何があったのか、という事件。今度のボーイフレンド兼相棒はコールドウォーター大学英文学科長ジェームズ・ホイッティアー。業界から蛇蝎のごとく嫌われているコラムニスト、デュプレッタ・デュバスタインの謎の死を巡って何があったのか。 ──ユーモア・ミステリかくあるべし、かな。2005/09/15

circle

3
やっぱりピーターズおもしろーーい!手がかりをすべて見せてくれる系もおもしろいけど、謎解き以上に登場人物の個性の強烈さが爆発していてほんとに面白い。もっとジャクリーンシリーズ読みたかった。。2018/03/06

hirosemi

2
大学図書館司書のジャクリーンは節税策としてNYで開かれる歴史ロマンス作家大会に参加する。大会を仕切るのは大物エージェントのハティ。ジャクリーンは会場でコラムニストのデュブレッタ、新人作家のスーと知り合う。参加している大物ロマンス作家はハティのお抱えで、裏のありそうな人物ばかり。大会のパーティーの最中、デュブレッタが死亡し、ジャクリーンは嬉々として真相解明に乗り出す。 ――ユーモアミステリ。ジャクリーンは野次馬根性が強く、どこにでも首を突っ込む。随所に挟まれるロマンス小説の一節がこう言っちゃなんだが笑える。2015/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/661532

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。