扶桑社spa!文庫
SAGA春 人間論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 335p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784594048792
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

2001年1月から2002年1月まで毎月1冊、計12冊発売され、大きな反響を呼んだフォークシンガー、松山千春のメッセージ語り下ろし『月刊松山SAGA』を春・夏・秋・冬の4冊に再編集。新たに一万字近い語り下ろしを加えて待望の文庫化。第一巻『SAGA春』では、性愛、感性、知性、理性、父性、母性、適性、本性といった人間の本質を問う12の性(サガ)について、千春が独自の意見を展開、核心に迫る。混沌とした社会、混迷の深まる時代を生き抜くための確固たる指針となる福音の書。

目次

第1章 性愛
第2章 感性
第3章 知性
第4章 理性
第5章 父性
第6章 母性
第7章 適性
第8章 多面性
第9章 犠牲
第10章 天性
第11章 本性
第12章 性

著者紹介

松山千春[マツヤマチハル]
1955(昭和30)年北海道足寄町生まれ。フォークシンガー。1977(昭和52)年1月、シングル『旅立ち』でデビュー。以後、『季節の中で』『長い夜』『恋』『窓』『君を忘れない』など、ヒット曲を次々と発表。卓越した歌唱力とメッセージ性の強い楽曲で熱い支持を集める。1991(平成3)年には映画『極道戦争・武闘派』に出演し、日本アカデミー賞新人賞および助演男優賞を受賞。2001(平成13)年、自身が編集長を務め、政治や芸能、スポーツなど旬の話題を取り上げる雑誌『月刊松山SAGA』(アミューズブックス)を創刊し、話題に。同年、デビュー25周年を記念し4枚組のベストアルバム『季節の旅人~春・夏・秋・冬~』をリリース。現在は、通算56枚目のシングル『北風の子守唄』、通算33枚目のオリジナル・アルバム『冬がやってきた』(コロムビアミュージックエンタテインメント)が発売中