親日派のための弁明〈2〉英雄の虚像、日帝の実像

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 341p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784594048457
  • NDC分類 210.6
  • Cコード C0095

内容説明

閔妃、安重根、柳寛順…韓国人が誇る「救国の英雄」の正体とは!そして、日本の朝鮮統治の真実とは!反日勢力の過酷な迫害にさらされながら、著者は果敢に、韓国の歴史認識の迷妄を撃つ戦いに挑みつづける。

目次

第1部 歪められた英雄たち(閔妃事件と韓国人のアイデンティティ;きつね狩り;東洋のビスマルク ほか)
第2部 大東亜戦争の真実(真珠湾の真実;日本軍のヒューマニズム―軍隊慰安婦;傷しか残さなかった解放―日本の敗戦と韓国;和夫一家殺害事件―敗戦直後の朝鮮の状況)
第3部 戦後韓国のアイデンティティ(「韓国モデル」と社会主義の崩壊;日鮮同祖?鮮満一体?;誰が歴史を歪曲しているか―日韓教科書問題に寄せて)

著者紹介

金完燮[キムワンソプ]
作家、評論家。1963年、全羅南道光州生まれ。サレジオ高校卒業。高校時代の80年におきた光州民主化運動では市民軍に参加して全羅道庁に籠城、のちに「国家偉功者」として顕彰される。82年、ソウル大学物理学部入学、天文学を専攻する一方、歴史、政治、経済にも関心をもつ。雑誌記者を経て、95年に発表した『娼婦論』(日本文芸社)がベストセラーに。96年よりおよそ2年間、オーストラリアに居住。帰国後、『コスタク新聞』を創刊し、編集主幹を務める