扶桑社文庫
国民の教育

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 606p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784594048341
  • NDC分類 370
  • Cコード C0195

内容説明

「本書では日本の教育の根底にかかわる問題と、それに対応する私見を率直に述べたものである。そして現在の日本の教育問題の根っこの部分に注目していただければ幸いである」(はじめに)。第1回正論大賞受賞者である著者が、現在の日本の状況を憂い、その根底には戦後教育がある、という立場から著したベストセラーの文庫化。

目次

塾を認知し、学校崩壊を救え
いろいろな学校があっていいじゃないか
家庭教育は危機に瀕している
金属バット事件の父親とは何だったのか
厳父こそが子どもを育てる
国旗と国歌への敬意は義務教育で
学力低下と高等教育の危機
私は逆説的に「ゆとり教育」に賛成である
出世コースがパターン化して日本が傾きだした
横入りという複線があるから多様な人材が生まれる〔ほか〕

著者紹介

渡部昇一[ワタナベショウイチ]
1930年山形県生まれ。上智大学大学院修士課程修了。独ミュンスター大学、英オックスフォード大学留学。哲学博士。フルブライト招聘教授としてアメリカの六つの大学で講義。94年、ミュンスター大学より名誉博士号を授与。現在、上智大学文学部名誉教授。第一回正論大賞受賞。著書に『腐敗の時代』(PHP研究所/日本エッセイスト・クラブ賞)などがある