扶桑社ミステリー<br> ハバナの男たち〈下〉

個数:
電子版価格 ¥733
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

扶桑社ミステリー
ハバナの男たち〈下〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月28日 10時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 389p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784594047542
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

ソ連は将来の指導者としてのカストロに目をつけ、ひそかに支援を画策する。キューバの利権をめぐり米国ギャングも、カストロ抹殺を狙い、荒仕事専門の男を送り込む。下院議員エサリッジの外遊視察団のボディガードとしてキューバへ派遣されたアールはハバナ駐在のCIA幹部から、彼が送り込まれた真の目的を知らされるが…。灼熱のキューバに、男たちの不穏な野望が交錯する。日本冒険小説協会大賞四度受賞に輝く巨匠が放つ、鮮烈なノンストップアクション&謀略小説。

著者等紹介

ハンター,スティーヴン[ハンター,スティーヴン][Hunter,Stephen]
1946年ミズーリ州カンザスシティ生まれ。68年ノースウェスタン大学卒。71年ボルティモアサン紙に入社し、書評担当者などを経て、映画批評担当となる。96年ワシントンポスト紙に移り、映画批評担当部門のチーフとして、現在に至る

公手成幸[クデシゲユキ]
英米文学翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

23
ソ連の彼と一流同士で分かり合う感じはイイねぇ〜。お話しのスジが、不要な殺戮のように感じて…。フレンチー本当にヤな奴だわ。アールさん作品は読了ってことで、次作からは、ボブさん作品♪2021/08/01

woo

9
スナイパーとして以外のアルやボブはハッキリ言って駄作ですね^^;;2017/11/23

ネペ

5
“アール・スワガー”シリーズの第3作。面白かったです。ヘミングウェイの扱われ方が気の毒でした。次回作も楽しみです。2015/06/18

ジロリン

5
ストーリーはスリリングで、南国のエキゾチシズムや歴史秘話もたっぷり味わえますが、これってそもそも主人公・アールがハバナへ行く必要があったのかね?革命前夜のキューバの描写は興味深いが、カウボーイ/ガンマンのアールが浮きまくってる感じ…2014/02/16

たぁ。

4
<2016.07.18読了> 後半は、やはり面白さが加速し、一気読みとなりました。2016/08/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/524192

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。