人間について―往復エッセー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784594046682
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0295

内容説明

人間ってなんだろう。他の動物とどうちがうのだろう。どうして戦争はなくならないのだろう。そんなこと、考えたことありますか?作家と動物行動学者が若い世代に向けてつづった、「人間」をめぐる60通の往復書簡。

目次

生き物すべてに「こころ」はある
からだだって「心」に関係する
脳を食べてみた
脳より足が大事だった
直立歩行と格闘しながら
大改造はおこってしまった
ギアチェンジの季節に
そして、脳が大きくなった
人類は滅びを食い止められるか
人間が毛を無くした理由〔ほか〕

著者紹介

日高敏隆[ヒダカトシタカ]
昭和5年生まれ。東京大学理学部動物学科卒。東京農工大学教授、京都大学教授、滋賀県立大学学長などを経て平成13年から総合地球環境学研究所所長、京都市青少年科学センター所長。動物行動学が専門。第10回南方熊楠賞、第50回日本エッセイストクラブ賞受賞

篠田節子[シノダセツコ]
昭和30年生まれ。東京学芸大学学校教育学部卒。八王子市役所勤務中の平成2年『絹の変容』で小説すばる新人賞を受賞し、作家活動に専念。ミステリー、SF、恋愛小説、パニック小説など、幅広い作品を執筆。平成9年『ゴサインタン―神の座』で第10回山本周五郎賞、『女たちのジハード』で第117回直木賞を受賞