QUEEN of the DAYクイーン・オブ・ザ・デイ―クイーンと過ごした輝ける日々

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 329p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784594046378
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0095

内容説明

フジテレビ系ドラマ「プライド」で人気再燃のクイーン。「ミュージック・ライフ」の元編集長・東郷かおる子が描くクイーンと共に歩んだ熱狂と興奮の20年間。その知られざる素顔が今ここに明かされる。

目次

第1章 突如現れた次代のスター(クイーン登場の時代背景;一枚のテスト盤の衝撃 ほか)
第2章 長い道のりの始まり(大騒動の初来日;大反響を呼んだ現地取材 ほか)
第3章 昇り始めたスーパースターへの階段(「ボヘミアン・ラプソディ」の誕生。そして再来日;’70年代3大バンド時代の到来 ほか)
第4章 「輝ける日々」を追い駆けて(2年間の御無沙汰で見えたこと;クイーンを通して学んだこと ほか)
第5章 さようなら、フレディ(クイーンの「ライブ・エイド」;「クイーン」との最後のインタビュー ほか)

著者等紹介

東郷かおる子[トウゴウカオルコ]
音楽評論家。神奈川県出身、高校卒業後シンコー・ミュージック入社。1979年から「ミュージック・ライフ」編集長に。当時の日本での熱狂的なクイーンブームの仕掛け人。1990年退社後はフリーの音楽評論家として活躍
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

4
図書館で手に取り、図書館内で読了。あまりに面白くて途中でやめられなかった。ミュージ・ライフ誌の編集長だった東郷かおる子氏のクイーンへのインタビューを中心に、バンド・クイーンの歴史が描かれている。クイーンのメンバー全員が人間的にも立派な人たちだと分かったのが嬉しかった。2010/02/26

鹿乃子

2
映画「ボヘミアンラプソディ」鑑賞後、ずっとQUEEN三昧。東郷さんはテレビに出まくって私がQUEENを日本で人気にした!と息巻いているなーとやや批判的にみていたけど、これだけメンバーと接触して信頼も得ていたらさもありなん。むしろ生き字引的でありがたい。メンバーそれぞれの個性が浮かび上がる記述がとても楽しかった。フレディが嬉々として語る場面は、YouTubeで見た映像が目に浮かぶ。ポール・プレンターは映画同様あまりいい印象を与える人ではないようだ。巻頭巻末の写真までたっぷり楽しみました2019/04/12

バファリン

1
ミュージックライフに掲載された写真目当てに購入。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/534788

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。