わたしは日曜がキライ。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784594045326
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

日曜日といえば、どこからともなく聞こえてくる、朝の小鳥のさえずりが、いつもより軽やかで楽しげだった。午前中から張り切って、お父さんと一緒にキャッチボールをする男の子の歓声だったり、いつもより遅いお昼過ぎにガラガラとシャッターを開ける花屋の音だったり、とにかく楽しくてウキウキする音が、青い空をも駆け抜けて私の部屋に飛び込んできてしまう。そんな日曜日だった。そしてそんな日曜日が私は嫌い。日曜日という門をくぐると誰もが楽しくなってしまう、そんな日曜日が嫌いだ。鮮烈なデビューを飾った「自堕落作家」初のエッセイ集!自分に「だらしなさ」を許す62の言い訳。

目次

私は日曜がキライ
CDを流しっぱなしの私
女友達
健忘症
恋人よ
ブルガリの指輪
ブランド
不動産屋
論外の男
警官〔ほか〕

著者等紹介

佐藤遼子[サトウリョウコ]
1978年8月17日生まれ。埼玉県出身。執筆、イラスト、アコーディオニストとして活動
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りつこ

0
新人(でもないか?)の中でわたし一押し。ってわたしに一押しされても仕方ないんですけど。ちなみにエッセイ。好き嫌いが分かれそうな気はする。2004/04/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/895447

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。