幼児みんわ絵本<br> おにの子 こづな

幼児みんわ絵本
おにの子 こづな

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 1冊/高さ 24X25cm
  • 商品コード 9784593562299
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

あるひ、「むすめをおれのよめにもらうぞ!」と、おにが、むすめをさらっていった。しばらくじさまはなきくらしていたが、むすめをさがしにでかけることにした。のこえ、山こえゆくと、やがて1けんのうちをみつけた。そこには、こづなというおにの子がいた。そして…。この話は、岩手県に伝わる「鬼の子小綱」の話をもとに、再話したもので、かわいい鬼の子とダイナミックなストーリーが、読者を楽しませてくれます。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ume 改め saryo

14
斎藤博之さんの絵は素晴らしい!! 1986年初版。思ったほど古くないですね。この時代の絵は時間の流れがゆっくり感じますね。古い感じや、滲んだ感じが”昔話”の世界を深く表現していますね(*^0^*)/2014/01/16

ヒラP@ehon.gohon

13
【再読】父親の鬼よりも母親と祖父を選んだこづなの活躍。ハッピーエンドだけど、こづなも小鬼ですよね。ちょっと心配。2021/02/03

ヒラP@ehon.gohon

12
事業所で読み聞かせしました。2021/02/03

おはなし会 芽ぶっく 

9
木暮正夫さんのこづなをやっと読めました。節分=鬼で選書している中、こちらの本は節句のおはなしなので今回は断念。こちらはこづなだけがお尻を出してました(笑)ハッピーエンドで終わるのでこちらのおはなしのほうが好きです。地域によっての話の違いを読む時には説明したいところです。2019/01/25

遠い日

8
読み比べ。さねとうあきらさんの文章のものは結末が厳しく、救いがない印象だったが、こちらのものは同じく岩手県の伝承が原話(各地に同様の伝承があるとのこと)だが、細部の構成も違い、結末も異なる。オニとこづなの知恵比べの場面がやはりおもしろい。ハッピーエンドにほっとさせられるのも事実。2015/11/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1797737

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。