わたしの絵本、わたしの人生―ジョン・バーニンガム

個数:
  • ポイントキャンペーン

わたしの絵本、わたしの人生―ジョン・バーニンガム

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月27日 09時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 226p/高さ 31cm
  • 商品コード 9784593561810
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0071

内容説明

『ボルカはねなしガチョウのぼうけん』『ガンピーさんのふなあそび』『ねえ、どれがいい?』『おじいちゃん』『旅するベッド』『エドワルド せかいでいちばんおぞましいおとこのこ』…世界中の子どもたちに愛されているケイト・グリーナウェイ賞作家・ジョン・バーニンガムが語る、ジョン・バーニンガムのすべて。

目次

ジョン・バーニンガムの絵本
ジョン・バーニンガム自伝

著者等紹介

バーニンガム,ジョン[バーニンガム,ジョン][Burningham,John]
1936年イギリスのサリー州に生まれる。若いころは、兵役を拒否し、さまざまな仕事をしながら世界中をまわった。その後、ロンドンにある美術学校に通いながらイラストの勉強をし、ポスターなどを描いていたが、はじめて手がけた絵本『ボルカ はねなしガチョウのぼうけん』でケイト・グリーナウェイ賞を受賞、絵本作家として鮮烈にデビューした。その後『ガンピーさんのふなあそび』で再度受賞し、この賞を2度受賞したはじめてのイラストレーターとなる

灰島かり[ハイジマカリ]
国際基督教大学卒業。英国のローハンプトン大学院で児童文学を学ぶ。白百合女子大学ほかで児童文学を教えるかたわら、子どもの本の翻訳・研究の仕事をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

65
英国を代表する絵本作家ジョン・バーニンガム氏の作品と人生を紹介した大型本。モーリス・センダック氏が寄せた序文が素晴らしいです。共に1950年代の下積み時代を経て60年代から活躍した作家さん。63年にジョンが『ボルカ はねなしガチョウのぼうけん』でデビューした同じ年に、モーリスの代表作『かいじゅうたちのいるところ』も出版されました。英国と米国で新しい絵本のスタイルを拓いた〈同志〉のメッセージは暖かい。子供~青年時代の思い出から、創作の裏話、制作の過程などを率直に紹介する語り口は、絵本の歴史を学ぶようです。2015/03/28

tokotoko

25
日曜日の午後にのんびりとめくった。何てのびのびした絵なんだろう!コミカルなんだけど、何だか上機嫌な表情の絵!絵本紹介を先にみることにした。ページをめくるたびに「うわぁ」。そして、どんどん絵のスケールが広がっていく。「クリスマスのおくりもの」の絵では、目が釘づけに!「くもの子どもたち」「フランス」の絵でも。そして、絵本のテーマもどんどん深まっていっているのに気づく。プロといわれる人も、人なんだから、成長し、変化し続けるのだなぁ!彼ならではの人生が、たくさんの作品が生んだんだ!わくわくをたくさんもらった。 2013/06/30

シュシュ

16
バーニンガムの自伝。絵もたくさん載っていて楽しめた。バーニンガムは、若い頃、徴兵に行かずに良心的兵役拒否者として様々な奉仕活動をした。大変な仕事もあったが、戦争に行くよりはずっといい。ヘレン・オクセンバリーと結婚していたなんて知らなかった! 二人で写っている写真がかわいらしかった。以前にヘレン・オクセンバリーの絵本をバーニンガムみたいだと感じたことがあったけど、そういうことだったのね。バーニンガムの本をまた読みたくなった。2014/11/08

ぐっち

11
うちにも「クリスマスのおくりもの」「いつもちこくのおとこのこジョン…」「コートニー」があります。ひょうひょうとした作風で大好きなのですが、作者のバーニンガムさんについては何の知識もありませんでした。トレーラーハウス、寄宿学校を転々、兵役免除の奉仕作業、地下鉄のポスターと、予想外の経歴。ガンピーさんにそっくりなご本人に、コートニーに似てる飼い犬。そしてクラシックカーに乗っているカッコいいご本人や、ジープに乗っている素敵な奥様と、ますますこの作家さんが好きになりました。次は「ガンピーさん」シリーズ読もうかな。2012/12/31

timeturner

5
『ボルカ』などの絵本はもちろん、カードやポスターといった初めて見る作品も大判カラーで見られて、作品の背景やバーニンガム自身人生がユーモラスに語られる。見て楽しく読んで楽しい一石二鳥本。2017/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/585284

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。