しろふくろうのまいご日記

しろふくろうのまいご日記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 38p/高さ 18X26cm
  • 商品コード 9784593560387
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

氷山の上をとんでいるとき、ものすごい風にあおられたしろふくろう。とおくでまいごになってしまいました。みしらぬ土地でひとりぼっち。でもまいにち日記をつけているからへいきです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遠い日

9
『しろふくろうのぼうけん日記』に先立つ物語。大風で北国から吹き飛ばされて、迷子になったしろふくろう。南の土地で過ごすうちに見た町の夜景の美しさに魅せられ、仲よくなったカラスに教えられたもっともっと大きな町の灯りをどうにかして見たいと願う。迷子ながら、いざ、冒険へと旅立つ姿が凛々しくすてき。2015/04/04

Witowa

2
しろふくろうが、ある日まいごになる。1週間のものがたりがとても丁寧に、ユーモラスに描かれています。ぼうけん日記も読みたくなりました2017/12/12

kenbo

1
シロフクロウがうしの体にとまったところがおも白かった。2009/06/13

けいねこ

0
 大風に飛ばされてまいごになってしまったしろふくろうが、日記をつけているような形で、日々のことを語っています。見知らぬ土地で心細くても、友だちを見つければ新しい冒険に飛び立つこともできるよ。  というわけで、『しろふくろうのぼうけん日記』に続くそうです。  しろふくろうが、新しい友だちと並んでいる後ろ姿がいいです。さらに『しろふくろうのおかえり日記』まで続くと、カバーにはあるのですが、こちらはまだ出ていないようです。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/462782

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。