白泉社招き猫文庫<br> 貸し物屋お庸―娘店主、想いを秘める

個数:

白泉社招き猫文庫
貸し物屋お庸―娘店主、想いを秘める

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 251p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592831389
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「萱草の花をあしらった簪」を借りにきた美しい女―本店の主、清五郎となにやら関係を持つ女らしい。お庸が疼く気持ちを抑えながらも、機知を働かせ要望に応えようと奮闘する「萱草の簪」。手代の松之助に忍び寄る影、隠された過去がお庸を巻き込む「秋時雨の矢立」など。貸し物屋・湊屋出店を舞台に、口は悪いが情に厚い、店主お庸の活躍を描く五編。文庫書き下ろし。

著者紹介

平谷美樹[ヒラヤヨシキ]
1960年、岩手県生まれ。2000年『エンデュミオンエンデュミオン』でデビュー。同年『エリ・エリ』で小松左京賞を受賞。14年、歴史時代作家クラブ賞・シリーズ賞を受賞。ホラー、歴史小説ともに著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

湊屋の主、清五郎との仲をにおわす芸者、葛葉が、季節外れの萱草のかんざしを借りにやってきた。お庸は不機嫌になりながらも職人のつてをたどるのだが・・・。お庸が切ない思いに気づくシリーズ最新刊!
2016年9月刊。

平谷美樹[ヒラヤヨシキ]

げみ[ゲミ]