白泉社招き猫文庫<br> 幕末五七五!

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

白泉社招き猫文庫
幕末五七五!

  • 仲野 ワタリ【著】
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • 白泉社(2016/03発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 12pt
  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年10月28日 20時44分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 252p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592831341
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

幕末。紅林水無月は、語学の才能を活かして蘭学塾塾頭の父を助ける一方、女流俳諧師としても人気を博す。そんな折、再来した黒船見物に出かけた水無月に災難が降りかかる。もう一つの黒船秘話登場!
2016年3月刊。

内容説明

幕末。黒船の来航にざわめく江戸の町に一人の女俳諧師がいた。齢三十にして嫁にも行かず、酒を飲んでは世情を映した狂句ばかりを詠む、自称「小林一茶最後の弟子」―その名は紅林水無月。跳ねっ返りではあるものの、類まれなる語学の才を持つ彼女に目を付けた幕臣たちは、日ノ本の未来を左右するある賭けに出ようとしていた…。文庫書き下ろし。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みこと

2
(図書館)後半が急展開すぎるような…?もっとゆっくり読みたかったし、狂歌も沢山出してほしかった2017/10/24

ウォーカージョン

2
行先はわかっているのに、そこまでの流れがピンと来ない。ワクワクドキドキしたかった。軽くさらっと読めたけど。2016/07/05

kuni2_s

1
俳句の話と思っていたら、意外な展開をしたので面白かった。主人公は、幕末の江戸に住む俳諧師。黒船が浦賀沖に現れたことで、時代の流れに巻き込まれていくが、知識と特技を生かして乗り越える姿が興味深い。2016/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10608925

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。