白泉社招き猫文庫<br> 犬神の弟子

個数:

白泉社招き猫文庫
犬神の弟子

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年09月23日 06時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 280p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592831297
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

白児は、可愛らしい童子姿をしているが、実は齢六百二歳の正真正銘のあやかし。屏風の画から龍を出したり、悪戯大好きな白児には、師匠の犬神もほとほと手を焼いている。日本橋の書物問屋・春木屋に預けられた白児は、周りの人々の困惑もなんのその、勝手放題をして好奇心の強い一人娘・お香と共に難事件に飛び込んでいく!

著者紹介

森山茂里[モリヤマシゲリ]
岡山県出身。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。専攻は西洋政治史。近年、剣豪時代小説と併せて妖怪物でも新境地を拓いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

可愛らしい童子姿をしているが、実は齢五三ニ歳の妖・白児。悪戯大好きで、師匠の犬神も手を焼いている。日本橋の書物問屋に預けられた白児が周りの人々を困らせつつ難事件に巻き込まれていく。 2015年11月刊。