白泉社招き猫文庫<br> 貸し物屋お庸 娘店主、奔走する

個数:

白泉社招き猫文庫
貸し物屋お庸 娘店主、奔走する

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月18日 08時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 251p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592831129
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

貸し物屋を任されたお庸。かわいい顔をしてべらんめえ。奇天烈な貸し物依頼が持ち込まれ、東に西に奔走。好評シリーズ第2弾。
2015年5月刊。

内容説明

「無いものはない」貸し物屋・湊屋を切り盛りするお庸。男勝りな言葉づかいが玉に疵だが、人情と行動力で、持ち込まれる無理難題を解決する。大店の若旦那が借りに来た三味線の銘器を巡る大騒動「紙三味線」。幼い頃に自分を捨てた母親の代わりを貸して欲しい。そんな頼みにお庸が機転をきかす「貸し母」など、不思議だがほろりとなる書き下ろし四編。

著者等紹介

平谷美樹[ヒラヤヨシキ]
1960年、岩手県生まれ。2000年『エンデュミオンエンデュミオン』でデビュー。同年『エリ・エリ』で小松左京賞を受賞。14年、歴史時代作家クラブ賞・シリーズ賞を受賞。ホラー、歴史小説ともに著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とし

131
貸し物屋お庸「娘店主、奔走する」2巻。ほろりあり、ホラーあり、お庸の言葉遣い清五郎さんと客や松之助でガラリと変わる可愛くて面白いですね、次巻も楽しみです。2015/07/09

はにこ

35
三味線を貸して欲しい人、箪笥を売りたい人、大きな俎を借りたい人、母親を借りたい人と今回も色々な依頼が来る。貸し母は思わずホロリ。まだまだおぼこなお庸だけど、真っ直ぐなところは良いね。言葉使いが酷すぎるけど私も子供の頃、言葉使いの悪い江戸っ子だったので人のことは言えないんだけどね。お庸と清五郎、結ばれたりするのだろうか。2020/10/19

ぽろん

34
シリーズ2作目。どの話も、お庸の一生懸命さが微笑ましい。最後の貸し母は、切なくも、嬉しい結末でした。それにしても、何でも卒なく解決してしまう清五郎って何者⁇2016/10/12

ベルるるる

32
3話目の「俎の下」・・・怖かったよ。絶対に夜に読んではダメだと思う。髪の毛って、怖い話をもっと怖くするよね。2018/09/01

25
さくさくと♪清五郎さんのキャラって、こんなだったか?1作目から間を空けてしまったら分からなくなった^^;庸さんの真っ直ぐさイイねぇ。2018/03/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9708237

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。