白泉社招き猫文庫
あやか師夢介 元禄夜話

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 215p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592831082
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

元禄文化が花開いた江戸。瞼に手のひらをかざして、その人の未来を夢で見せることのできる夢見師、夢助が、様々な人生を垣間見る!

内容説明

時は元禄。町人文化が花開こうとする街の片隅に、夢介という男があった。彼の生業は、「人の未来を夢で見せる」夢見師。夢介の前には不思議な力をよすがに自らの野心や恋を叶えようと、人気役者の市川団十郎、稀代の俳人・松尾芭蕉、魔性の美少女・八百屋お七などがあらわれて―。人々の夢と希望の行く末を幻想的に描く、連作短編集。

著者等紹介

小沢章友[オザワアキトモ]
1949年生まれ。早稲田大学政経学部卒。1993年『遊民爺さん』で開高健賞奨励賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

らぐ

6
伏線をところ狭しに沢山張り巡って終わる。え?で?ってなってしまった。続きがあるでしょう。誰の何も解決しないなんて〜。2015/04/08

花々

4
実在した有名人物を、史実、創作織り交ぜて涙あり、恋あり、仇討ちありの楽しい物語とされていました。その人物達を、少しでも知っていれば、楽しさも倍増です。夢で、自分の未来を見せてあげると言われたら、私なら見るかな、やっぱり見ないかな。2016/03/03

まめの助

3
★★☆☆☆未来を見せる特殊能力を持った男の話。軽い感じで、さくっと読むにはぴったり。あらすじに引かれて手に取ったが、若干物足りなかった。江戸の賑やかな雰囲気は、素敵だった。2016/05/22

Seri

2
設定が面白そうだと思って読み始めたのに、なんだかがっかりでした。まさかこれで終わりじゃないですよね? 読了後、それで? と言いたくなります。続きがあるにしても、多分読まないですね。2015/04/04

1
『運命の恋か、非業の死か』…とかって帯が目を引いた一冊。…だったのだけど…。思ってたのとちょっと違うな…。もっと、こう…劇的な感じを期待してた。2015/07/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9428745

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。