白泉社招き猫文庫<br> 源平の姫君たち 紅の章

電子版価格 ¥704
  • 電書あり

白泉社招き猫文庫
源平の姫君たち 紅の章

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 251p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592831013
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

平安時代末期。栄華を極めた平家一門の陰で、過酷な運命に翻弄された女たちがいた。平清盛をめぐる祇王と仏御前の葛藤、安徳天皇の母として国母となった建礼門院徳子の悲劇、二人の天皇に愛され后となった藤原多子、宮廷一の美女と謳われ夫に殉じ、海に消えた小宰相…。一門の興亡を女性たちの視点で描く、新たな「平家物語」。文庫書き下ろし。

著者等紹介

藤咲あゆな[フジサキアユナ]
東京都出身。数多くのヒット作を持つ、TVアニメやドラマの脚本家としても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

絳楸蘭

22
平家の女性たちが次々と出てくる女性目線の平家物語かと思ったら違った。平家に関わる女性を一人一人紹介する形式で、小説を期待していた私としては肩透かしを食らった。そういえばこんな人もいたなぁ…と思いながら読んだが、平家物語を知らない人には何がなんだかわからんぞ!?という内容かもしれない。期待を裏切られ、意気消沈しながら次の源氏の女性たちを紹介した白の章にいきたいと思う。2015/01/27

ゆう

20
本屋さんで見かけて、おおっ?山田南平さんのイラストだ!と手に取りまして(完全にジャケ買い)。小説だと思って読み始めたけど、平家物語を忠実にしながらそれを女性側から描いた解説本って感じだったかな。源平の戦いに翻弄された平家に深く関わる女性たち。残された女性たちの苦悩や一途な思いも感じることが出来たけど、個人的には何よりも平清盛が嫌いっていう思いが一番大きかったりして。。2014/12/29

べべっち

10
【借本】平家物語に登場する女性達の話。そういえば平家物語って冒頭しか知らないわ(;´д`)2015/03/01

yayoi

5
紅の章は平家の女性達の物語。がっつり小説ではなく、日本史資料集のコラムのような雰囲気。確かに年表よりも人物相関図が欲しくなります。2019/08/09

ちょこるん

5
史実に基づき、ある姫様に絞った小説かと思って手に取ったのですが、清盛の周囲にいた何人もの女性達の悲恋の短編集でした。どの章も浅く描かれていたので、深く掘り下げて欲しかった。少し残念。歴史で少しだけ学んだ平家物語、女性目線のお話は新鮮でしたが、男性に翻弄され生きていくしかなかったあの時代の女性は不憫ですね。略年表は巻末にありましたが、登場人物が多いので、分かりづらく相関図が欲しかった。2015/03/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8676148

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。