MOE BOOKS<br> ものは言いよう

個数:

MOE BOOKS
ものは言いよう

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年02月28日 04時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 144p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784592733010
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0095

出版社内容情報


ヨシタケシンスケ×紀伊國屋書店 コラボグッズ
〈本の虫シリーズ〉ご予約受付中!


詳細はこちらから↓
ヨシタケシンスケ×紀伊國屋書店


内容説明

自身を徹底分析したイラスト解説&ロングインタビューが満載。アトリエ、お気に入りの本、絵本のネタ帳などお宝を一挙公開!絵本作家ヨシタケシンスケ完全読本。

目次

1章 まるごとヨシタケシンスケ
2章 こんな絵本を描いています
3章 ヨシタケシンスケのひみつ
4章 ヨシタケシンスケの素
5章 代官山で本を買う
6章 絵本以外のしごともやっています
7章 ヨシタケシンスケのことば

著者等紹介

ヨシタケシンスケ[ヨシタケシンスケ]
1973年神奈川県生まれ。『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)『りゆうがあります』(PHP研究所)『もうぬげない』(ブロンズ新社)『なつみはなんにでもなれる』(PHP研究所)『おしっこちょっぴりもれたろう』(PHP研究所)で、MOE絵本屋さん大賞第1位を受賞し、5冠に輝く。『つまんないつまんない』(白泉社)で、2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

331
ヨシタケ シンスケは、新作をコンスタントに読んでいる絵本作家です。立読みするには、少しボリュームがあったので、図書館に予約して読みました。ヨシタケ シンスケ解体新書的なムック本です。子供よりも、ヨシタケ シンスケマニアの大人向けでした。2020/02/08

旅するランナー

252
中年性思春期真っ盛りのヨシタケさんの現在過去未来を、かなり深く知ることができます。やんわりと面白さが伝わってきます。これからも、新作がドシドシ出てくるのが楽しみです。でも、あんまり過度な期待をかけるのも憚られるんで、しれっと読んでいくようにします。2021/01/02

zero1

217
多くの読者から支持されているヨシタケ。彼は何を考え、どう作品を生み出してきたのか。思考がネガティブで人生の目標は【怒られない】。過去の経験から女性が怖い(笑)。毎日手帳にスケッチしたことが作品の源に。左利きで絵は小さい。彼の本棚も紹介。絵本作家になるには?【絵本は表現の幅が広い】には納得。ヨシタケ自身、確実に絵本の可能性を広げた。何しろ絵本で哲学を描いたのだから(後述)。【今も中身がほとんど子ども】というのは貴重な存在。何しろ大人は子どもの頃の事を忘れてしまうもの(後述)。名言多数(後述)。読んで損なし。2021/09/20

へくとぱすかる

216
マニアックなほどのユルさが、何とも言えない心地よさ。ヨシタケさんの原画が、すごく小さいのでびっくり。もちろん実物大で紹介しています。ワザです。自分の描くイラストで自己紹介をするって、どんな気持ちだろう。だからかな? すごく笑えるように描いてあります。『りんごかもしれない』が出発点だっただけあって、すべての要素が入っている感じ。哲学的といわれるのもわかるけど、何でも集めて試してみたいというコレクターのようなものかもしれない。カタログを見るような楽しさですね。息子さんが5歳で描いた絵本もすごい。将来が楽しみ。2021/02/17

けんとまん1007

149
まるごとヨシタケシンスケ。興味深いですね~。以前、SWITCHでの対談を拝見して、さらに、いいなあ~と思っていたのが、倍増された。基本的な思考・志向がわかったし、この絵が生まれた背景も面白い。そして、今のヨシタケシンスケさんのスタンスや、絵本の世界の広さを、すごく 肯定的に述べられているのが心強い。2020/12/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14760050
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。