花とゆめコミックススペシャル LaLa NOVELS<br> 小説アイドリッシュセブンRe:member

個数:
電子版価格 ¥712
  • 電書あり

花とゆめコミックススペシャル LaLa NOVELS
小説アイドリッシュセブンRe:member

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月17日 14時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 180p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784592218807
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C9979

出版社内容情報

IDOLiSH7、TRIGGERがともにリスペクトするRe:vale。彼らの黎明期からインディーズ時代を描きます。「万理一空」「千古不磨」「百載無窮」3部作を完全収録!
2018年12月刊

都志見文太[ツシミブンタ]
著・文・その他

種村有菜[タネムラアリナ]
イラスト/原著

バンダイナムコオンライン[バンダイナムコオンライン]
企画・原案

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

8
純粋に健全に真っ直ぐに育った百に始めて向けられた嫉妬という黒い感情が、仲の良い家族である瑠璃のものであったことがとても辛くて堪えた。「いい子だと思われたかった」と「特別になりたい」がなあ。そうだよね。自分を選んでほしいよね。アイナナは選ばれる/選ばれないっていう構図が良く出てくるから、毎度心臓がギシギシする。千と百を「神様と使徒」と表現しているところがあったけど、私は百が殉教者になってしまうんじゃないかとずっと不安だった。不安を拭い去るところまではいかなかったけど、読めて良かった。そのあたりは本編で期待。2018/12/07

紅羽

6
漫画版を読んですぐにこちらも購入。リヴァーレの10年の歴史が手軽に読めます。i7やtrigger等のアイドル達とは違った種類の苦難や努力が窺える彼らの歴史。万理と百の千を支えたいという気持ちや、万理失踪後の千の気持ちの変化が純粋で、現在の立派になった二人の姿を見ると感慨深いものがあります。2018/12/12

まぁ

5
Re:valeの過去編。万理さんたちは始まりは夢を追う高校生で、浮世離れした千さんは大事な人を守るために地に足をつけていくようになったのですね。ひたすらに光属性に見えた百くんは憧れでまっさらなだけじゃなくて汚いものもままならない現実や自分を見た上でそれでも、と頑張っていて、アニメでも千さんが切る啖呵は秀逸だったけど、前後の文脈でより百くんにとって大事な言葉だったのだなぁと思った。皆、頑張ったよ。2021/07/18

緑雲

5
三冊出ているノベライズのなかで断トツにこれが好き。何回でも読みたい。三人の話を主人公を変えて三部作にしているのも良い。各話の題も良い。2019/03/19

のぞみ

5
アイナナ小説の新作!今回はRe:Valeの3人のお話。万里、千、百の3人の視点で描かれておりゲームの時には語り切れてなかった部分が描かれていてあっという間に読み切ってしまいました。それぞれが誰かを大切に思っているからつらいっていうのが伝わってきて今までのアイナナ関連の小説とはまた違ったテイストになっているのではと思います。2018/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13239672

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。