君の名前の横顔

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

君の名前の横顔

  • 河野 裕【著】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • ポプラ社(2021/11発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン対象商品(12/25まで)
  • ポイント 34pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2023年12月12日 07時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 382p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591171820
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報



河野 裕[コウノユタカ]
著・文・その他

内容説明

夫を亡くし、小学生の息子・冬明を一人で育てるシングルマザーの愛。父親の死後、義母の愛と弟の冬明を見守りながらも、家族という関係に違和感を持つ大学生の楓。「世界の一部を盗む」想像上の怪物・ジャバウォックを怖れ、学校に行きたがらない冬明に二人は寄り添おうとするが、「紫色の絵具がなくなったんだ。ジャバウォックが盗っちゃったんだよ」と冬明が告げた日から、現実が変容していく。

著者等紹介

河野裕[コウノユタカ]
徳島県生まれ。2009年角川スニーカー文庫より『サクラダリセット CAT,GHOST and REVOLUTION SUNDAY』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ベイマックス

102
いゃ~面白かった。ジャバウォックという「不思議の国のアリス」の登場人物の名前の怪物が出てくるよ。でもストーリーは、家族愛。自分が正しいのか、自分の考えが正しいのか、いくつかの別の視点で考えられる人間でいられたら理想。スピッツの「運命の人」も出て来た。映画の「バタフライ・エフェクト」も紹介されていた。観てみたくなる。そして、ルイス・キャロルの作品も読んでみたくなる。ただ、海外文学読むの苦手なんですよね。2023/05/09

シャコタンブルー

61
砂浜で紛失した指輪を発見したことから繋がっていく家族。紫色の絵の具を1本消失したことで得体の知れない怪物の存在に危惧する家族。何方も同じ家族だ。紛失、消失したものは物だけでなく記憶や名前もだ。何故そうなったのかどこに向かっていくのか、森の中を彷徨う迷子のように心細いが、抜け道はどこかに存在している。それはこちら側の世界にはではなく、向こう側の世界にあるのかも知れない。霧が晴れるように次第に全貌が見えてくる展開が鮮やかだった。鏡の国のアリスをモチーフとした不思議な世界観と家族の絆の脆さ深さを存分に堪能した。2021/12/15

ぼっちゃん

48
ジャバウォックに盗まれたものを探すファンタージ系ではあるが、子供視線、親視線から、親子とは、家族とは、血のつながりとはを描いた作品で、それぞれの立場から家族を守ろうとする姿に心が洗われた。【図書館本】2022/04/17

44
頭が硬くなった高齢者にはハードルが高いファンタジーだった。10歳の割には聡明で達観した感のある冬明君と、高校生の時に父親を自裁で失い心に蓋をしてある感情を捨ててしまった兄楓が、兄弟として家族として改めて生き直す物語。不思議の国のアリスを知っていたなら、もっと深く物語世界を理解できたのかもしれない。2022/02/18

よっち

43
夫を亡くし、小学生の息子・冬明と夫の連れ子の大学生・楓を一人育てるシングルマザーの愛。想像上の怪物を恐れ学校に行きたがらない冬明に二人は寄り添おうとするものの、ある出来事が三人の世界と関係性を変容させてゆく物語。父親の死後、義母の愛と弟の冬明を見守りながらも、その関係に違和感を持つ大学生の楓。愛もまたトラブルに巻き込まれてゆく中で、不思議な世界も織り交ぜながら問題の解決に向けて楓が奔走する展開でしたけど、その過程で彼らが家族としてしっかりと向き合い、育まれてゆく大切な絆が感じられてなかなか良かったですね。2021/11/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18813550
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。