零から0へ

個数:

零から0へ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月13日 12時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 310p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784591169070
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

1945年、父を戦争で亡くし、聡一は一家を支えるために大学をやめて、鉄道総局の研究所に入所する。そこには、戦争中に軍で戦闘機の設計や製作に関わり、多くの命を奪う結果を生んでしまったことを悔いる壮年の技術者たちがいた。
技術を、人を殺すために使いたくない。平和への想いを込め、不可能と言われながら、東京―大阪間を数時間で結ぶ高速鉄道の開発に取り組む彼らを手伝ううち、聡一もいつしか想いに共鳴し、没頭していく。
子どもたちを抱え未亡人となった母親、満州での辛い経験を胸に秘める同僚女性、様々な人が、過去を乗り越え、未来へ向かう様を描いた、希望の物語。

内容説明

「平和を運ぶ乗り物を造りたいです」新幹線開発にのせた人々の希望の物語。

著者等紹介

まはら三桃[マハラミト]
福岡県出身。2005年講談社児童文学新人賞“佳作”をとり翌年デビュー。2011年『鉄のしぶきがはねる』で坪田譲治文学賞、第4回JBBY賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みかん🍊

100
日本初の新幹線を開発していたのは戦争で零戦を作った技術者だった、自分の技術が戦闘に使われたくさんの人の命を奪った事を後悔し贖罪のため平和の為にはしる新幹線を作る、視力が弱く戦争に行けなかったが父の戦死で家族を養うため大学を辞め鉄道技術研究所に就職した主人公の目を通して新幹線の開通までの熱い日々が描かれている。当時は夢だと言われ反発された速く快適な車両が今や当たり前の事として走っているのは感慨深い。2021/06/09

あすなろ

94
零から0へ。良い題ですね。夢の超特急 新幹線を研究し造っていく物語。僕は、新幹線開発に戦前の技術が使われたことは知っていたが、それは例えば満鉄のあじあ号やそれに次ごうとしていた技術だと勝手に勘違いしておりました。戦闘機の技術転用だったとは。自動車だけではないのですね。確かに作中にもあるが、新幹線は翼がない飛行機と言える。もう少し描き込みが欲しいとも思うが、これはYAジャンルを意識しているのか不明であるが、活字も大きめであり、まはら氏の未知のテーマへの挑戦でもあり、そこは気にせずとも充分愉しめた作品。2021/02/13

ゆみねこ

92
新幹線を生み出した技術者たちの物語。戦闘機を作り多くの若い命を奪うことになった贖罪の思いが平和の乗り物である新幹線へと。戦後、助手として鉄道技術研究所に就職した松岡聡一の目を通して綴られる。熱い感動のうちに読了、皆さんにお薦めの1冊。2021/05/25

ゆのん

77
戦後、まだ焼野原も見られる時代に高速鉄道の研究がされる。95キロの時代に200キロのスピードで走る夢の様な鉄道である。開発の先頭に立つ人達の『平和』にかける思いを形にしたのがこの高速鉄道。『美しく、安全で速い』は平和の象徴だとどんな困難にも立ち向かうひたむきな想いに胸を打たれる。小学生の頃、盆と正月に祖父母の家に向かう時にこの『夢の高速鉄道』に乗っていた事を思い出す。今、当たり前にある物であってもその後ろには大勢の血と涙の結晶、そして熱い想いがあると思うと感動してしまう。2021/01/11

ぶんこ

76
胸が熱くなる素晴らしい本でした。著者あとがきに私の感想と同じことが簡潔に書かれていて、さすが作家さんは違うと驚きもしました。自らが作った戦闘機で多くの人を死なせてしまった。その贖罪の気持ちを、平和な乗り物を作ることに賭けた技術者たち。新幹線がこのような思いから作られたとは知らなかっただけに感無量です。寧子さんが、そんな技術者たちを間近に見て総務の仕事から技術研究所の仕事に立候補した気持ちがよく分かりました。聡一さんも、そんな夢のある職場で、尊敬できる上司を持てたこと、最高の人生でしょう。良かったです。2021/02/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17253005

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。