いとうひろしの本<br> ルラルさんのつりざお

個数:
電子版価格
¥1,760
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

いとうひろしの本
ルラルさんのつりざお

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月24日 08時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 32p/高さ 24X25cm
  • 商品コード 9784591168332
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

ルラルさんは、おじいさんからもらったつりざおを使ったことがありません。なぜなら、いっしょにつりにいこうと約束したのに、おじいさんさんは病気で入院したまま亡くなってしまったからです。
ある日、ルラルさんがそのつりざおを庭でふっていると、仲間の動物たちが集まってきて、魚がよくつれる湖に案内してくれました。
仲間たちは次々に魚をつりあげますが、ルラルさんは釣れませんる。ルラルさんがあきらめかけたとき、びっくりするほど大きな魚がかかりました。みんなで力を合わせて釣りあげようとしますが……。
★『ルラルさんのにわ』(1990年)から30年。親から子へと読み継がれる「ルラルさんのえほんシリーズ」9作目。
祖父からおくられた「つりざお」へ寄せるルラルさんの思い、釣りにいく約束を果たせないまま亡くなった祖父との思い出があたたかく伝わってくる、感動の1冊! 子どもから大人まで、すべての人の心に響く絵本。

内容説明

ルラルさんのたいせつなたからもの。それは、なくなったおじいさんからもらったつりざおです。でも、ルラルさんはそのつりざおでつりをしたことがありません。そのわけは…。「ルラルさんのえほん」シリーズ、第9作目のおはなし。

著者等紹介

いとうひろし[イトウヒロシ]
伊東寛。1957年、東京に生まれる。早稲田大学教育学部卒業。作品に『ルラルさんのにわ』(絵本にっぽん賞)をはじめとする「ルラルさん」シリーズ『くもくん』(日本絵本賞読者賞)『おさるはおさる』(路傍の石幼少年文学賞)『おさるになるひ』(IBBYオナーリスト)『だいじょうぶだいじょうぶ』(講談社出版文化賞)『くろりすくんとしまりすくん』(以上講談社)『マンホールからこんにちは』(児童文芸新人賞)他、多数ある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ほんわか・かめ

26
ルラルさんがおじいさんからもらったつりざお。一緒に行く約束をしていたのに、そのおじいさんは亡くなってしまい、つりざおは使わずじまい。事情を知らない友達の動物たちはルラルさんをワイワイ釣りに誘います。これからを生きるルラルさんの一歩を踏み出すきっかけになったらいいな。もう少し時間はかかりそうですけど、でもそれでいいのかも。2021/01/13

メープル

25
おじいさんと、一緒に釣ろうと約束してた釣竿。おじいさんは亡くなってしまい、使えなかったつりざお。それを知らずに動物たちに誘われつりさおを使うことに😊なんだか、私と義母とも似たエピソードがあり。。。私はまだそれを叶えられずにいて。。。いつかのタイミングでこんな風に叶うときがくるといいなぁ。自分と重ねてしまい。ちょっと希望が持てました✨2021/02/06

たーちゃん

23
息子は「このシリーズ幼稚園で〇〇先生が読んでくれたよー」と。そして釣りの場面で「でっかいの釣れたねー」と驚いていました。2022/03/14

のり

16
ルラルさんの最新作。おじいちゃんの遺した釣竿をおじいちゃんと使おうと思っていたから、ずっと使えずにいたルラルさん。そんなことも知らない仲良しの動物たちに促され、釣りをすることに。2021/06/13

ツキノ

14
【9作目】2020年12月発行。10作目の刊行に喜んでいたら9 作目を見逃していたことに気づいてあわてて読む。ルラルさんがつり好きだったおじいさんかえらもらったつりざお。ルラルさんの姿(おもに頭髪)が若い!一緒につりにいく約束が叶わず。それからずっとルラルさんはつりざおを使っていない。「おじいさんといっしょでないと、このつりざおで さかなを つりたいと おもえなかったのです。」だけど仕舞いっ放しだったわけではなく、にわでつりざおをふっていたルラルさん。みんなに連れられて湖へ。さてさて…。【249】2023/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17010455
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。