ポプラ文庫<br> 活版印刷三日月堂―空色の冊子

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ポプラ文庫
活版印刷三日月堂―空色の冊子

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年07月24日 23時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 313p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784591164808
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

シリーズ累計20万部突破!三日月堂の知られざる「過去」を描いたスピンオフ短編集。

内容説明

小さな活版印刷所「三日月堂」。店主の弓子が活字を拾い刷り上げるのは、誰かの忘れていた記憶や、言えなかった言葉―。弓子が幼いころ、初めて活版印刷に触れた思い出。祖父が三日月堂を閉めるときの話…。本編で描かれなかった、三日月堂の「過去」が詰まった番外編。

著者等紹介

ほしおさなえ[ホシオサナエ]
1964年東京都生まれ。ミステリ作家・詩人。1995年『影をめくるとき』が第38回群像新人文学賞優秀作受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

438
4冊で終了した本編の「スピンオフ」。それなのに、5冊の中でベストの1冊だと思う。時代も背景も異なる、物語の断片のように見える短章を続けて読むうちに、登場人物の人生が走馬灯のように現前する思いがした。前編までが「今」を描いたのと対照的に、これは時間という厚みをもって、三日月堂を捉え直した前史の物語。祖父と父、そして弓子自身の誕生から成長、つながりを持つ人々の喜怒哀楽。それが1冊にみごとに凝縮されている。さて、三日月堂のイメージは「銀河鉄道の夜」の活版所が、底流になっていると確信したが、果たしてどうだろう。2019/12/15

しんごろ

408
弓子さんの幼かった頃からの三日月堂の話。でしたね。寂しさ、悲しさ、時には辛さも感じるが、なぜか心に沁みて温かく感じる。そして、縁、生き抜く力強さを学んだ物語でもあるかな。幼い頃からの弓子さんを見ていると、そっと弓子さんを応援したくなる。いつか弓子さんが素敵なパートナーと一緒になる時、お父さん、お母さんより長生きして、ずっと幸せであってほしいな。2020/02/12

カメ吉

403
『三日月堂』シリーズの番外編。本編の裏付けの内容だったけど主要な登場人物の歴史が語られて本編へ繋がってる。弓子さんの祖父母や両親の話は特に染みました。弓子さんの本編での強さ懐の深さなどはこういう人生の中で培われてきたのかと納得させられてしまう。 改めて本編のラストは良かったと感じました。シリーズ全体により深みを与える番外編ですごく良かった。2019/12/28

寂しがり屋の狼さん

390
シリーズ5冊目📚️カラスの伯父さんと三日月堂がその役目を終えるまでのお話し(’-’*)弓子さんの幼少期に号泣(´TωT`)「弓子ちゃんのお名前はね、みんなで考えたんだよ」「最初に弓子って言ったのはお母さんだった。『思いを遠くまで届けられる人』って言う意味なんだって」「そしたら、おじいちゃんが『すごくいい』って言い出して。弓って三日月と形が似てるでしょ?」「そうか、『三日月堂』だから?」「そうそう。三日月堂だから」🌜️三章【届かない手紙】より2021/05/04

三代目 びあだいまおう

337
ほっこりと心が温まるような、そんな本を選びたかった。愛娘手製のブックカバーをかける初めての本だから。最幸のブックカバーにふさわしい、宝物のような作品でした。このシリーズを、そして弓子さんのことを大好きな私たちへの贈り物。弓子さんが大人になっていく時間軸を背景に懐かしい人たちやシーンがよみがえってきます。大切なもの、思い出、後悔や喪失、そうしたものの重なりで私たちはできている。一人一人違う、だから個性。便利さの代償で失ってきた手作りという名の真心と温もりに満ちていて、人生のリスタートを応援してくれる‼️🙇2020/09/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14802741
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。