スピノザ―よく生きるための哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784591164709
  • NDC分類 135.2
  • Cコード C0010

出版社内容情報

多くの哲学者たちが必ず原典としてあたるというスピノザ本人の生きざまと、著書を詳しく説いた、専門的な一冊。

内容説明

ゲーテ、ニーチェ、アインシュタイン―なぜ思想の巨人たちは、スピノザ哲学に圧倒的に勇気づけられたのか。人間の、『エチカ』への道がここにある。

目次

はじめに スピノザという奇蹟
1 政治と宗教に革命をもたらした人(哲学への転向;傷を負った男;自由な思想家;聖書の批判的解釈;スピノザとキリスト;ユダヤ教への反逆か;啓蒙思想の先駆者)
2 叡智を生きた人(『エチカ』、至上の喜びへの道案内;スピノザの神;力能と完全性と喜びを増大させる;自分の諸感情を理解する;欲望を何に向けるか;善悪を超えて;自由と永遠と愛)
おわりに 私にとってのスピノザ

著者等紹介

ルノワール,フレデリック[ルノワール,フレデリック] [Lenoir,Fr´ed´eric]
1962年マダガスカルに生まれる。スイスのフリブール大学で哲学を専攻し、雑誌編集者、社会科学高等研究院(EHESS)の客員研究員を経た後、長年にわたり『宗教の世界』誌(『ル・モンド』紙の隔月刊誌)の編集長、ならびに国営ラジオ放送局(France Culture)の文化・教養番組『天のルーツ(les Racines du Ciel)』の制作・司会を務めた。最近は「よく生き、共に生きる(Savoir Etreet Vivre Ensemble)ための教育基金」の共同設立者、ならびに「動物たちの幸せを守る会(Association Ensemble pour les Animaux)」の設立者として、その活動にも力を注いでいる

田島葉子[タジマヨウコ]
1951年東京に生まれる。上智大学外国語学部フランス語学科卒業、同大学院仏文学専攻修士課程修了。75年より故ジャック・ベジノ神父の論文やエッセーの翻訳に携わる。99年より十数年間、東京外国語センターのフランス語講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

M

4
西洋の伝統的形而上学における二元論から抜け出し、神と世界は一つの同じ実在であるという一元論を唱えたスピノザはユダヤ教のアイデンティティを持ちながら独自の神的観念を形成するに至った。その過程にはキリスト教におけるイエスの存在とデカルトの心身二元論への批判が大きな要因だったのではないか。スピノザはデカルトのように精神と身体を切り離すことはなく、身体と精神は唯一かつ同一と考えていた。「延長の様態である身体も、思惟の様態である精神と同じように神の属性の現れであり、よって神的本姓を有している」と考えたのである。2020/02/24

aof

4
フーコー、ニーチェから遡ってのスピノザ。スピノザの清廉な生き方はあまりにも自分と違いすぎて深い隔たりを感じたけど、エチカの感情と欲望についての考察はすごく共感できた。 真の原動力は欲望に他ならず、それを運用していくのが理性と考えるスピノザの在り方はよくよく理解できるし、より能動的にと欲望を解放していく論理に力をもらえた。 あと装丁がめちゃいいな。すごくスピノザらしい装丁だと思う。2020/02/15

カタヤマタケシ

3
17世紀の孤高の哲学者スピノザについて、前半は、啓蒙思想や一元論などの思考に至った生い立ちや時代背景を中心に書かれ、後半は死語出版された著書「エチカ」の解説となっています。ユダヤ教から絶縁され、キリスト教からも拒絶されるなど、波乱の人生の背景となった一元論(神は万物に宿る)は、政治と宗教が密接な関係にあった17世紀のヨーロッパでは受け入れられなかったのも理解できます。精神的な至福を得るため、倫理観や理性を高めていく思考と生業としていたレンズ磨きの関係性や東洋的な思考との親和性など、興味の幅が広がります。2020/07/30

うちのネギ知りませんか?

2
スコラ哲学を範とする自分にとって、大変興味深かった。王侯政治が主流の時代に、民主政治の有用性を説き且つその脆弱性も評している。その脆弱性とは「外発的(受動的)な服従」が「内発的(能動的)な精神の働き」に勝る場合とある。その後政教分離等、当時の宗教家から異端視されつつも現代の基礎となっている考え方も多く、スピノザに誘う案内本として最適でした。2022/03/09

ふるさん

2
スピノザの本は難解でしたが、この本からは心地よい程にスピノザの哲学を知ることができました。2020/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14841058

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。