過労死―その仕事、命より大切ですか

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

過労死―その仕事、命より大切ですか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月24日 22時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 342p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591162415
  • NDC分類 366.99
  • Cコード C0036

出版社内容情報

朝日新聞で掲載された過労死特集「追いつめられて」をもとに
追加取材を重ねて一冊にまとめた渾身のノンフィクション。

内容説明

朝日新聞の好評企画が待望の書籍化!その不幸は突然やってくる。他人ごとではない「現実」を7年にわたって追った渾身のノンフィクション。過労死を「自分ごと」と感じるために。

目次

第1章 幼子を残して逝った市役所職員
第2章 ステーキ店社員を苦しめた上司の暴力
第3章 若き公共放送女性記者の過労死
第4章 熱血先生が倒れた
第5章 スーパー店員、サービス残業の末の過労死
第6章 新入社員24歳の「過労事故死」
第7章 夜勤漬けのビデオ店社員、退職半年後の過労死
第8章 心の病にたおれた「まちの郵便屋さん」
第9章 リフォーム営業の男性を追いつめた「残業代ゼロ」
第10章 支え合う遺族たち
第11章 県庁マンの心をむしばんだ上司の叱責

著者等紹介

牧内昇平[マキウチショウヘイ]
1981年3月13日、東京都生まれ。朝日新聞記者。2006年東京大学教育学部卒業。同年に朝日新聞に入社。経済部記者として電機・IT業界、財務省の担当を経て、労働問題の取材チームに加わる。主な取材分野は、過労・パワハラ・働く者のメンタルヘルス(心の健康)問題(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。