怯まず前へ―常に結果を出し続けるチームと強い心の作り方

個数:

怯まず前へ―常に結果を出し続けるチームと強い心の作り方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月21日 11時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 212p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591160589
  • NDC分類 782.3
  • Cコード C0010

出版社内容情報



酒井 俊幸[サカイトシユキ]
著・文・その他

内容説明

常に結果を出す鉄紺式マネジメント。「礼を正し、場を静め、時を守る」。エースに頼るのではなく、エースを活かす。その1秒をけずりだせ。「名前が下がる」起用はしない。エース不在の年こそ攻める。マラソンに「本気で」挑む。

目次

第1章 チーム作り
第2章 チームワーク
第3章 采配
第4章 体調管理
第5章 世界への意識
第6章 フィジカルトレーニング
巻末資料

著者等紹介

酒井俊幸[サカイトシユキ]
東洋大学陸上競技部長距離部門監督。1976年福島県生まれ。学校法人石川高等学校卒業後、東洋大学経済学部に入学。大学時代には、1年時から箱根駅伝に3回出場し、4年時にはキャプテンを務めたが、貧血や度重なる故障に悩み、4年時の箱根駅伝は欠場する。大学卒業後、コニカ(現・コニカミノルタ)に入社。2001年から2003年まで全日本実業団駅伝3連覇のメンバーとして貢献。V2、V3のアンカーとして胴上げも経験、強豪となったコニカミノルタを支えた。選手引退後は、母校である学校法人石川高等学校で教鞭をとりながら、同校の陸上部顧問を務めた。2009年より、川嶋伸次監督の後任として、32歳で東洋大学陸上競技部長距離部門の監督(現職)に就任。就任1年目で、箱根駅伝に出場した大学の監督の中では最年少ながらチームを優勝に導くという快挙を達成する。その後もチームの育成に尽力し、箱根駅伝では、優勝3回、準優勝5回、3位2回、あわせて10年連続3位以内という成績を達成。また、学生三大駅伝(出雲、全日本、箱根)すべてで優勝を経験。実業団、教員の経験を生かした「チームづくり」「選手の育成」で、東洋大学を常勝チームへ導く。指導方針としては、「世界で戦える選手育成」を掲げ、ロンドン・リオ・東京五輪に選手を輩出(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。