MY LITTLE HOMETOWN―茅ヶ崎音楽物語

個数:

MY LITTLE HOMETOWN―茅ヶ崎音楽物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月24日 13時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591156377
  • NDC分類 764.7
  • Cコード C0095

出版社内容情報

その場所でしか生まれない音楽がある。サザンオールスターズの名付け親が綴るチガサキ・ミュージックが起こした奇跡の数々。

内容説明

「上を向いて歩こう」が世界中で感動を呼んだ作曲家・中村八大、海の街・茅ヶ崎のイメージを全国に拡散した大スター・加山雄三、作曲家として数々の名作歌謡曲を送り出した平尾昌晃、湘南サウンドの源流を作ったザ・ワイルド・ワンズの加瀬邦彦、「また逢う日まで」の大ヒットで一世を風靡した尾崎紀世彦、音楽シーンの最前線を走り続けるサザンオールスターズの桑田佳祐―なぜ、一地方都市に過ぎない茅ヶ崎が、これほど多くの音楽家を輩出しているのか?その謎に迫るべく、茅ヶ崎と縁の深い10の名曲を入り口に、音楽のスターたちの人生を辿る。綿密な取材と研究をもとに、“茅ヶ崎”と“音楽”の特別な関係に迫った唯一無二の刺激的な音楽エッセイ!

目次

第1章 ブラック・サンド・ビーチ
第2章 想い出の渚
第3章 真冬の帰り道
第4章 恋のしずく
第5章 ダイアモンド・ヘッド
第6章 また逢う日まで
第7章 あきらめ節
第8章 ブルー・スウェード・シューズ
第9章 ピンク・シャドウ
第10章 茅ヶ崎に背を向けて

著者等紹介

宮治淳一[ミヤジジュンイチ]
1955年神奈川県茅ヶ崎市生まれ。早稲田大学法学部卒業。音楽評論家、DJ、音楽プロモーター。レコード会社に勤めながら、99年より茅ヶ崎でミュージック・ライブラリー&カフェ「ブランディン」を開く。日本有数のレコードコレクターとしても知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

苺畑序音

12
茅ヶ崎が生んだ音楽家たちの物語。人の縁とは面白いものです。 2017/11/17

まさ☆( ^ω^ )♬

1
映画と合わせて読むとなお楽しい。2018/11/01

prefabjubilo

1
読むと茅ヶ崎に行きたくなる。そして行ってみた。サザンビーチでは、やはり映画の最後にあったあの烏帽子岩での強烈ライヴが蘇る。「MONEY」 と「Blue Suede Shoes」。洋楽をこんなにカッコよく演奏する人を初めて見た。茅ヶ崎の野球場でのライヴが見たい。2018/01/08

MonoWaTameshi

1
軽いエッセイかと思って読み始めたら、思いのほか本格的な日本ポピュラーミュージック史になっていて、茅ヶ崎という土地の奥深さに驚いた。ちなみにラジオ日本「宮治淳一のラジオ名盤アワー」2017年10月15日回が「『茅ヶ崎音楽物語』特集」で、この本にも登場する重要曲がオンエアされていたので、興味がある人は掘ってみてください。ということで自分は2013年12月13日TBSラジオ「MUSIC 24/7 宮治淳一の"NO MUSIC NO FRIDAY"」の桑田佳祐ゲスト回を聴き返します。2017/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12304462

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。