ポプラ文庫<br> いとの森の家

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

ポプラ文庫
いとの森の家

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年03月03日 12時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 249p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784591154342
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

都会から田舎に引っ越してきた加奈子は、自然の恵みに満ちた暮らしの中で命について考えはじめる。瑞々しい少女の成長の物語。福岡市内の団地暮らしだった加奈子は、父の突然の思いつきで、山々に囲まれた村に引っ越すことになった。都会とのギャップにとまどいながらも、楽しい遊びを教えてくれる同級生たちと触れ合い、自然の恵みに満ちた田舎の暮らしに次第に魅了されていく。中でも特別な存在は、童話に出てくるような家に住む素敵な笑顔のおばあさん・おハルさんだった。
だが、大人たちの中には彼女を敬遠する人もいる。それはおハルさんが毎月行っている死刑囚への慰問が原因だった。なぜおハルさんは、死刑になるような人に会いに行くの……? そんな素朴な疑問から、加奈子はおハルさんからさまざまな話を聞くようになり、命の重みや死について、生きていくことについて、考えるようになっていく。
福岡・糸島の豊かな自然の中で、子どもから少女へ移りゆく主人公の姿が瑞々しく描かれ、大人も子どもも共有できる作品として、2016年1月、第31回坪田譲治文学賞を受賞。
2015年12月にはNHK福岡放送局の開局85周年ドラマとして映像化され、おハルさんを樹木希林が演じて話題を呼んだ。このドラマはその後、第42回放送文化基金賞・テレビドラマ部門において番組が奨励賞を、樹木希林が演技賞を受賞するなど高く評価されている。

【著者プロフィール】
1963年、広島県生まれ。歌人、作家。早稲田大学客員教授。1996年に第7回歌壇賞、2016年に第31回坪田譲治文学賞を受賞。歌集に『春原さんのリコーダー』『青卵』『東直子集』『十階』、小説に『水銀灯が消えるまで』『とりつくしま』『さようなら窓』『薬屋のタバサ『私のミトンさん』『トマト・ケチャップ・ス』、エッセイ集に『耳うらの星』『千年ごはん』『七つ空、二つ水』』など著書多数。

東 直子[ヒガシナオコ]

内容説明

都会から小さな村に引っ越してきた加奈子は、不思議なおばあさん・おハルさんとの出会いを通し命について考えはじめる。福岡・糸島の豊かな自然の中で、成長していく少女の姿が瑞々しく描かれた物語。永作博美・樹木希林主演でNHKドラマにもなった話題作!第31回坪田譲治文学賞受賞作。

著者等紹介

東直子[ヒガシナオコ]
1963年、広島県生まれ。歌人、作家。1996年『草かんむりの訪問者』で第7回歌壇賞受賞。2006年『長崎くんの指(のちに『水銀灯が消えるまで』)』で小説家としてデビュー。2016年、『いとの森の家』にて第31回坪田譲治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。