ポプラ文庫<br> 活版印刷三日月堂―海からの手紙

個数:
電子版価格
¥748
  • 電書あり

ポプラ文庫
活版印刷三日月堂―海からの手紙

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年05月24日 05時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 329p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784591153291
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

古びた印刷所・三日月堂が営むのは昔ながらの活版印刷。そこには様々な悩みを抱えたお客が訪れる――。大好評シリーズ第二弾。<内容>
小さな活版印刷所「三日月堂」には、今日も悩みを抱えたお客がやってくる。物静かな店主・弓子が活字を拾い、丁寧に刷り上げるのは、誰かの忘れていた記憶や、言えなかった想い……。活字と言葉の温かみに、優しい涙が流れる感動作。
静岡書店大賞を受賞・ブクログ1位・読書メーター1位など、話題沸騰の人気シリーズ、待望の第二弾!

<もくじ>
ちょうちょうの朗読会
あわゆきのあと
海からの手紙
我らの西部劇

<プロフィール>
ほしおさなえ
1964年東京都生まれ。作家・詩人。1995年『影をめくるとき』が第38回群像新人文学賞優秀作受賞。2002年『ヘビイチゴ・サナトリウム』にて、第12回鮎川哲也賞最終候補。『空き家課まぼろし譚』『活版印刷三日月堂』「ものだま探偵団」シリーズなど著作多数。

ほしお さなえ[ホシオサナエ]

内容説明

小さな活版印刷所「三日月堂」には、今日も悩みを抱えたお客がやってくる。店主の弓子が活字を拾い、丁寧に刷り上げるのは、誰かの忘れていた記憶や、言えなかった想い…。活字と言葉の温かみに、優しい涙が流れる、大好評シリーズ第二弾!

著者等紹介

ほしおさなえ[ホシオサナエ]
1964年東京都生まれ。作家・詩人。1995年『影をめくるとき』が第38回群像新人文学賞優秀作受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 5件/全5件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんごろ

671
活版印刷三日月堂の第2弾!疲れた心と体に癒やしを与えてくれるステキな話ばかりでした。『あわゆきのあと』は涙が流れてきました。『海からの手紙』では涙こそ出ませんでしたが、ラストシーンは静かに徐々にジーン と感動しました。『我らの西部劇』には自分に気づきを与えてくれたシーンもあり、もちろん『ちょうちょうの朗読会』も良かったです。要するに全部が良かったわけですが、三日月堂の店主・弓子さんから、みんなに何かをあげているのかも…。あるいは活版印刷の文字の温かみがみんなに何かをいただいているのかもしれないですね。2017/09/06

へくとぱすかる

652
本当に涙を流すかわりに、心の中にさわやかな暖かさを残していく物語。印刷が活版であることを仲立ちにして、さまざまな人々を結びつけていき、関わる人々の人生を変えていく。自分自身にも思い当たることが、あったり、なかったり……小説のように現実がうまく動いていくとは限らないだろうが、インキが魔法のように紙面に物語を現す瞬間の感激を、忘れないでいたいと思う。2018/08/21

ポップノア♪@読書停滞中

456
最後の「我らの西部劇」がすごく良かったです。父親と息子の関係は、母親とのそれに比べて会話も少なく、向き合うのが照れ臭くなりがちです。でも時間は限られています。後悔しないよう、想いをちゃんと通わせたいと切に感じました。プロ野球の話でもしようかな?2018/08/18

寂しがり屋の狼さん

384
シリーズ2作目。『三日月堂』で刷りあげるのは、誰かの忘れていた記憶や言えなかった想い…活字と言葉の温かみに優しい気持ちになります(*^^*)「書いた人も、組んだ人ももうここにはいないのに、版が残ってる。これを刷れば、言葉が浮かび上がってくる」「この鉛の塊、彼らの魂を形にしたものみたいじゃないか」「お嬢さん、修行もいいが、早く頼むよ。わたしたちが生きているうちにね」ついに三日月堂で本が印刷されるのかとワクワクします。次作を借りに行かなきゃε≡≡ヘ( ´∀`)ノ2021/04/19

三代目 びあだいまおう

381
初めての読書体験をもたらしてくれました!永遠に読み続けたい、読後の余韻でなくページの余韻がずっと続き、一冊ずっと涙が滲みっぱなしでした。誰しもが持つ悩みや後悔、自己嫌悪に読み手は共感し、のめり込む。短編1つひとつがとても素敵な話で、一作目よりむしろ滲んだ涙の量は上かも。大好き!大好きの最上級!活版印刷という少し昔の印刷手法とその若き店主の優しさが、登場人物と読者に温かく寄り添ってくれてます。大切な誰かの悩みにそっと寄り添ってあげられる、そんな存在で私もありたい。そんな読書体験をありがとうございます‼️🙇2020/01/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11482129
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。