えんぴつで菜根譚

個数:

えんぴつで菜根譚

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月20日 20時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 152p/高さ 19X26cm
  • 商品コード 9784591152492
  • NDC分類 728.9
  • Cコード C0076

内容説明

人生を磨く処世訓の最高傑作。明日への導きに満ちた『菜根譚』のことばを深く味わいましょう。

目次

第1部 まず書いてみよう、名言中の名言十ヶ条(晩年に輝く;一歩を譲る気持ち ほか)
第2部 続いて書こう、心を磨く十五ヶ条(人生を磨く砥石;失敗は成功のもと ほか)
第3部 心静かに書こう、癒しの十五ヶ条(喜びの心;真の仏は家庭の中にある ほか)
第4部 これで完成、わたしの菜根譚(名と技を超える;悪中の善、善中の悪 ほか)

出版社内容情報

人づきあいの極意や治世に応じた生き方、自然と閑居の味わい方まで、「処世訓の最高傑作・菜根譚」をなぞって味わう一冊。「人よく菜根を咬みえば、すなわち百事なすべし」
「えんぴつで」シリーズ最新刊は、数ある中国古典の中で、「処世訓の最高傑作」と言われる『菜根譚』が登場。

今からおよそ四〇〇年ほど前、明代末期の学者・洪自誠によって記された『菜根譚』は、儒教、仏教、道教という三つの東洋思想を組み合わせ、よりよい人生を導く指南書として、また己に深く向き合う思想の書として、日本でも江戸時代以降、多くの人々に愛され続けています。
全体は前集・後集の計三五七条より成り、おもに前集は人との交わりを、後集は自然と閑居の楽しみを説いたといわれています。
本書では五五条をセレクトし、全体を四部に構成。ぜひ声に出し、えんぴつで味わい深い書をなぞって、『菜根譚』を味わってください。

大迫 閑歩[オオサコカンポ]

湯浅 邦弘[ユアサクニヒロ]