ストックビジネスの教科書―毎月継続的に収益をあげるビジネスのつくりかた

電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

ストックビジネスの教科書―毎月継続的に収益をあげるビジネスのつくりかた

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591146941
  • NDC分類 335
  • Cコード C0034

出版社内容情報

ソフトバンクやセコムも実践! 毎月継続的な収益を上げるビジネスのつくりかた。

内容説明

長期に「安定収入」を生み出す方法。

目次

はじめに ビジネスがうまくいかないたった一つの理由(なぜ自分を酷使する「自家ブラック化」が起きるのか?;これからの時代、事業を成功させるために最も必要なこと ほか)
第1講 「ストックビジネス」とは何か?“理論編”(すべてのストックは不動産を目指す―ストックビジネスの定義;ストック性の高さをどのように見分けるか ほか)
第2講 ストックビジネスへの道(“準備編”ビジネスに必要となるもの;“理論編”商品デザインの作法 ほか)
第3講 ストックビジネスの収益構造を理解する―「収益ユニット」を極める(「収益ユニット」はストックビジネスの神髄;収益ユニットの3つの要因1「(基準の)収益」とは ほか)
第4講 ストックビジネスを極める―「チューニング」が9割(ストックビジネスは永遠ではない;チューニング・サイクルを回せ ほか)
おわりに 今日からストックビジネスを始めよう

著者等紹介

大竹啓裕[オオタケタカヒロ]
株式会社アットオフィス代表取締役社長。非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会副理事長。大竹アンドパートナーズ税理士事務所シニアコンサルタント。1963年福島県生まれ。20代はセコム(東証一部)にて、理想的なストックビジネスの営業を経験。その後、大手デベロッパーにて100棟以上のオフィスサブリース運営を学ぶ。30歳でラーメンFCチェーンの創業メンバーとして参画。同ラーメン店でストックビジネス理論を実践、FC責任者として約250店舗を展開させるなど、同チェーンをラーメン業界大手に押し上げる原動力となる。その後、不動産業界に革命を起こしたいと考え42歳で起業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひろ☆

15
ストックビジネスについて書かれた本って珍しい。2016/02/02

はるわか

11
ビジネスのストック化、ストックとは継続的に利益をもたらすもの。ストック性が高い×シェア1位は最強ビジネス:ジレット。ストック思考(秘伝のレシピ化):収益ユニット、チューニング(調整)。アイデア+熱意=引力。信用は基盤。切れない糸と消えてなくなるものを組み入れる。常に需要超過に立ち位置を定める①これから伸びる業界だけをターゲットに②コンテンツの質を徹底的に高める。ブランドはすべてを解決する。利益単価の上昇×時=継続的な利益の上昇。顧客と自分のスキル差がビジネスの種。基準利益×増加数×継続率。2016/05/09

長岡紅蓮

8
ストックビジネスの定義は、①継続的にお金が入ること②(ビジネスの権利を)売ることができること。(対となるのは、フロービジネス)。ビジネスの仕組みの勉強として読んでみました。近年、物を大量所有することから、使う時だけ利用する時代に移り変わっていることから、ストックビジネスという考え方は身につけておきたい。2019/01/20

JOJO

6
自分もよく使わせてもらっている「アットビジネスセンター」を運営している著者。ストックビジネスとは「継続的に利益をもたらすもの」と定義されている。例えば、警備貨車のセコム、自動販売機など。「収益×増加率×継続率」が収益ユニットとなるが継続率がとても大切。そのためにチューニングをしないといけない。チューニングこそがストックビジネスビジネスの肝。2020/02/03

小桜

5
需要超過を見越したビジネスモデル、ストック化の構築をわかりやすく教えてくれます。大型書店に行っても、こういうことが書かれてる本って少ないんですよね。2016/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9830203

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。