コミック版日本の歴史<br> 戦国人物伝 島津義弘

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

コミック版日本の歴史
戦国人物伝 島津義弘

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2021年10月27日 00時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784591135747
  • NDC分類 K289
  • Cコード C8323

出版社内容情報

九州最強・戦国島津家の猛将がコミック版 日本の歴史に登場! 関ヶ原の合戦の敵中突破で有名な島津義弘の物語!

九州最強・戦国島津家の猛将! 「鬼」と呼ばれた男の生き様!!

南九州の守護大名・島津家に、四兄弟の次男として生まれた義弘は、兄や弟たちとともに、薩摩・大隅・日向の三州統一、さらには九州制覇をめざす! 鬼と呼ばれるほどの強さで戦国の世を戦い抜き、関ヶ原の合戦の敵中突破で有名な武将の物語!

第一章 三州統一/第二章 九州席巻/第三章 朝鮮/第四章 関ヶ原/第五章 桜島

内容説明

九州最強・戦国島津家の猛将!「鬼」と呼ばれた男の生き様!!

目次

第1章 三州統一
第2章 九州席巻
第3章 朝鮮
第4章 関ヶ原
第5章 ふるさと
島津義弘を知るための基礎知識

著者等紹介

加来耕三[カクコウゾウ]
歴史家・作家。1958年、大阪市生まれ。1981年、奈良大学文学部史学科卒業

すぎたとおる[スギタトオル]
1970年、福岡県北九州市生まれ。1996年、第二回集英社青年漫画原作大賞を受賞。2002年より東京コミュニケーションアート専門学校講師となる。現在は、東京デザインテクノロジーセンター専門学校講師

藤科遥市[フジシナハルイチ]
1989年、愛知県名古屋市生まれ。2011年、名古屋コミュニケーションアート専門学校卒業。漫画やゲームイラスト、キャラクターデザインなど、オールマイティに手掛ける「絵描き屋」を肩書に活動している。2013年より名古屋コミュニケーションアート専門学校の講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

bianca

41
薩摩隼人か~。もう表紙から迫力が半端ない。家康もその迫力にゾッとしていた…。島津家は皆結束が固く仲が良い。民を守るため戦う姿勢に、家来からの信頼も厚く、地域一帯が大きなファミリーといった感じ。薩摩藩の“郷中制度(青少年教育)”が良い。比重は「心の爽やかさ」(潔さ・勇敢さ・弱者へのいたわり)に置かれているという。今でもこういった風潮はあるのだろうか。義弘自身、その怒涛の強さと裏腹に、とても温かい人。2015/05/25

かいと

29
関ケ原の戦いの時、島津は西軍についたけど戦いが終わった後、領国を削られることなく安堵されたくらい徳川が島津のことを恐れていたんだと思いました。2016/11/17

けいた@読書中はお静かに

18
池宮彰一郎『島津奔る』の副読本として図書館で借りました。小学生向けの漫画伝記だけど、概要を理解するには十分。おじいさんの忠良(日新公)が晩年過ごした加世田の出身ですが、日新公のいろは歌のかるたを小学生のときにやりました。おかげで30歳を過ぎてもいくつか覚えてます。2015/10/03

糜竺(びじく)

14
前から戦国時代の島津氏について気になっていました。漫画でザックリ分かって良かったです。2019/06/10

けいこん

6
武力で領土を広げるのではなく、強くある事で平和を守ろうとした。これぞ武士ですね。いろは歌の全文が載ってたら良かったのに。。2016/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6961840

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。