えんぴつで枕草子 (簡易版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

えんぴつで枕草子 (簡易版)

  • 提携先に5冊在庫がございます。(2018年12月13日 12時55分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 203p/高さ 19X26cm
  • 商品コード 9784591135570
  • NDC分類 728.9
  • Cコード C0076

内容説明

全五〇日、珠玉の章段を抜粋。なぞって味わう新しい「枕草子」の世界。

目次

四季の趣
山のいろいろ
法師雑感 息子を僧にするのは
法師雑感 説教をきくなら
宮仕えのすすめ
夢のない生活
侘び住まいの一興
不興の詩学
不快の詩学
花木とりどり〔ほか〕

出版社内容情報

古典の勉強に、美しい文字の練習に。シリーズ累計150万部のなぞり本、第5弾は清少納言の『枕草子』。全50日で味わえます。

古典の勉強に、美しい文字の練習に。
シリーズ累計150万部のなぞり本、第5弾は清少納言の『枕草子』。

風雅なまなざし、機知のきらめき、                                                                             ふとあらわれる無邪気ないたずら心。
平安文学を代表する女流作家・清少納言による名随筆、
四季の趣、宮仕えのあれこれを全50日で味わいます。                                                                                                                                                                  【読者のみなさんからのおはがき】                                                                              手書き文字のやさしさに満足、一日分の長さもちょうどよく、                                                              毎日音読してから字の練習をしています。(63歳、女性)

まるで写経するごとく、一字一字を入魂で書いています。                                                                60余年ぶりに古典を勉強しています。(81歳、男性)

主人を亡くし数ヶ月。独り暮らしの今、学生気分になって      
毎日勉強しています。新しい旅の始まりです(74歳、女性)。  

古典の勉強に、きれいな文字を書きたいあなたに、毎日続ける楽しさをぜひ体験してください。

【著者紹介】
書・大迫 閑歩(おおさこ・かんぽ)
1960年鹿児島県生まれ。本名・大迫正一。筑波大学芸術専門学群卒業、同大学院修士課程修了。現在、九州女子大学共通教育機構准教授。漢字の古い書体を中心にした研究、作品制作を続け、後進の指導にあたっている。『えんぴつで奥の細道』『えんぴつで徒然草』などシリーズの書を担当している。
監修・藤本宗利(ふじもと・むねとし)
1958年群馬県生まれ。群馬大学卒業後、東京大学大学院修士課程修了。現在、群馬大学教育学部教授。著書に『感性のきらめき 清少納言』(新典社)、『枕草子研究』(風間書房)など。