ポプラ物語館<br> おまじないは魔法の香水―魔法の庭ものがたり〈13〉

個数:

ポプラ物語館
おまじないは魔法の香水―魔法の庭ものがたり〈13〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月19日 08時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 149p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784591134115
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

内容説明

あたたかな日ざしに、魔法の庭のハーブたちがあたらしい葉をのばしはじめるころ。ジャレットは、おきゃくさまから、恋にきく香水をつくってほしいとたのまれて…。

著者紹介

あんびるやすこ[アンビルヤスコ]
群馬県生まれ。東海大学文学部日本文学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

魔法の庭の花々がさきほこる季節。ジャレットは、おきゃくさまから恋にきく香水をつくってほしいとたのまれて……。

☆「魔法の庭ものがたり」シリーズについて☆

これは、魔女の遺産を相続した人間の女の子、ジャレットの物 語。
相続したのは、ハーブ魔女トパーズの屋敷、「トパーズ荘」と、
そのハーブガーデン、「魔法の庭」。そして、 もうひとつ……。
トパーズが書いた薬草の本、「レシピブック」でした。
ジャレットはトパーズのあとつぎとして、 「ハーブの薬屋さん」になり、
村の人や、動物たちなど、さまざまなおきゃくさまに、
毎日、お薬をつくっていま す。

☆この本の内容☆
あたたかな日ざしに、魔法の庭のハーブたちがあたらしい葉をのばしはじめるころ、
ジャレットは、おきゃくさまから、恋にきく香水をつくってほしいとたのまれて……。

1 めずらしいおきゃくさま     6 
2 おそろい            12
3 ギフィのすばらしい鼻     28
4 注文は恋のお薬       40
5 ねり香水づくり         53
6 アナベルの二度目の注文  66
7 パパとママからの小包     73
8 ひとつの香水と三つのかおり 84
9 恋のおまじないのききめは? 102
10ギフィの千こ目のかおり    110
11このままで、ずっと       123
12恋のゆくえ           140
13しあわせになるおまじない   144