ポプラ文庫<br> かなりや

個数:
電子版価格 ¥669
  • 電書あり

ポプラ文庫
かなりや

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 323p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784591132401
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

高校生の広海は、祖父である大和尚の仕事を手伝っている。ある日、同級生のサチがお寺にやってきた。ふたりは次第に親しくなるが、彼女は母親との関係に苦しんでいて―東北の町を舞台に、人生につまずいてしまった人たちが再び歩き始める姿を描く、凛としたやさしい物語。

著者紹介

穂高明[ホダカアキラ]
1975年、宮城県生まれ。『月のうた』で第2回ポプラ社小説大賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「柔らかで強い力をもった傑作」と書評家の藤田香織氏も絶賛。人生につまずいた人たちが再び歩き始める姿を描く、やさしい物語。

生きること、生きていくこと。
目に見えないものを魅せ、
「生き難い」と日々をやり過ごす人の心を、
「ここ」に連れ戻す。
柔らかで強い力をもった傑作、と断言します!
――書評家・藤田香織(帯より)

書評家や書店員さんたちに注目される著者、渾身の2作目。

高校1年生の広海は、祖父であり、
寺の住職をしている大和尚の仕事を手伝っている。
ある日、近所に越してきた同級生のサチが
母親とお寺へやってきた。
広海とサチは次第に親しくなるが、
サチは母親との関係に苦しんでいて――。
東北の町を舞台に、人生につまずいた人たちが
再び歩き始めるまでを描く、凛としたやさしい物語。