ノベルズ・エクスプレス<br> おれたち戦国ロボサッカー部!

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ノベルズ・エクスプレス
おれたち戦国ロボサッカー部!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月13日 11時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591132265
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

第2回ポプラズッコケ文学新人賞大賞! ノブナガとイエヤスがロボットサッカーで勝負!? 斬新でユニークな青春部活ストーリー!

内容説明

織田信長命の男子・ノブナガは、いやいや転校した三河の中学でロボットサッカー部に入部することに。そこで出会ったのは宿敵イエヤスだった―。ちょっと変わった部員たちと繰り広げる汗と涙の?青春部活ストーリー。第二回ポプラズッコケ文学新人賞大賞受賞作品。

著者等紹介

奈雅月ありす[ナガツキアリス]
愛知県生まれ。愛知教育大学教育学部史学教室卒業。小学校教諭を経て、創作活動に入る。『おれたち戦国ロボサッカー部!』で第2回ポプラズッコケ文学新人賞大賞を受賞(原題は『ノブナガ、境川を越える―ロボカップジュニアの陣』)、デビューとなる

曽根愛[ソネアイ]
茨城県生まれ。学習院大学、セツ・モードセミナー卒業。本や雑誌の装画や挿絵で活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

つくよみ

32
図書館本:戦国武将、織田信長を敬愛してやまない中学生のノブナガは、父親の転勤の都合で、名古屋(尾張)から岡崎(三河)へ引っ越す。そこで待ち受けていたのは、徳川家康を彷彿させるイエヤスと、その部下?達との、ロボサッカーライフだった。と言うお話。戦術に合わせて設計したハードと、それを操るプログラムが噛合って、初めて実力を発揮できるロボサッカーの世界には興味が沸くが、キャラクター達の個性を活かしきれず、その行動に説得力が無いように見えてしまっていたのが残念。尾張と三河、現代でも本当に住民性に差があるのだろうか?2014/05/19

urei

3
今河いい味出してるんじゃね。。。2013/04/13

速水 舞

2
織田信長のファンの伸永は父の転勤で徳川家康ゆかりの三河に転校する。尾張とは違う雰囲気に戸惑う伸永は天才プログラマーイエヤス率いる弱小ロボサッカー部と出会う。ノブナカとイエヤスが力をあわせているところに不思議な感動を覚えました。続刊が出るならヒデヨシもでるのかなぁ?2013/09/20

レイモンド

2
第2回ポプラズッコケ文学新人賞大賞。信長の尾張、家康の三河。同じ県内でもいまだに地元愛が強い地域として、愛知出身の作者が描いているのが好印象。 ロボコンのサッカー版ともいえるゲームを、豊富な知識とユーモアで読ませてくれる。キャラもしっかり立っていて面白い。2013/05/29

RIE5

2
尾張と三河の違いに驚き、興味津々!ノブナガやイエヤスやイマガワという名前が登場しますが、歴史上のあの人たちが転生してサッカーをする物語…というわけではなく、ロボサッカーに燃える少年たちと少女の物語。部活に燃え、そこでの人間関係に悩む。これぞ青春。2013/05/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6311027

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。