あれから12年、私は今…―500gで生まれた全盲のわたし

個数:

あれから12年、私は今…―500gで生まれた全盲のわたし

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月19日 08時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591131442
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

てのひらにのるほど小さく生まれた美由紀…。困難を明るく前むきにのりこえてきた、母娘からのメッセージ。『生きてます、15歳。』の著者井上美由紀27年間のドキュメント。

目次

第1章 わたしは500gで生まれた
第2章 ナゾの胃の痛みと母の幼少時代
第3章 国家試験に挑戦!
第4章 高齢者とのふれあいと死
第5章 わたしと母の病気、つのる不安
第6章 ピンチをチャンスにかえる

著者紹介

井上美由紀[イノウエミユキ]
1984年福岡県久留米市生まれ。500gの超未熟児として生まれ、未熟児網膜症により視力を失う。しかし、母の「目が見える子どもと同じように教育する」という方針のもと、たくましく成長する。1997年福岡県立福岡盲学校(現・福岡県立福岡視覚特別支援学校)中学部に入学。1998年九州地区盲学校弁論大会、1999年全国盲学校弁論大会で優勝。2000年福岡県立福岡高等盲学校(現・福岡県立福岡高等視覚特別支援学校)入学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

500gという超未熟児で生まれ、未熟児網膜症を患い全盲となった著者が、マッサージ師として自立するまでを語るノンフィクション。