ノベルズ・エクスプレス<br> 世界一かわいげのない孫だけど…

電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

ノベルズ・エクスプレス
世界一かわいげのない孫だけど…

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 196p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591130292
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

引越して、新しい環境が気に食わない美波は心にバリアをはって・・・。不器用な少女が新たな絆を育み居場所を見つけるまでの物語。

転入した学校も、同居を始めた祖母も、全て気に食わない美波。
けれど、落語のネタにしようと祖母の言動を観察するうち、何かが変わり始めて……。
不器用な少女が周囲との絆を育み居場所を見つけるまでの物語。

◆ズッコケ文学賞受賞作家、待望の2作目!◆

1 どいつもこいつも大きらい!
2 なぞかけなさい
3 子どもの日にババポシェット
4 落語はいかが?
5 ニラを見つけに
6 もどらない笑顔
7 魔のすむ文化発表会
8 秘密のババ園
9 恐怖のXデー

内容説明

住みなれた東京から、祖母のいる田舎にひっこしてきた美波。家も、学校も、町も―どこにも居場所がなくて、とにかく全てが気に入らない。けれど、演劇部に入ったところから、何かが少しずつ変わりはじめて…。意地っぱりで不器用な少女の、心の再生の物語。

著者等紹介

荒井寛子[アライヒロコ]
大阪府生まれ。2008年に第1回ポプラズッコケ文学賞優秀賞を受賞。受賞作の「ナニワのMANZAIプリンセス」でデビュー

勝田文[カツタブン]
愛知県生まれ。幅広い世代から人気の漫画家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はるき

12
可笑しい。御祖母ちゃんと同居するために東京から地方へ転校した美波。気が強くて頑固者なので家族とも友達とも衝突してばかり。同級生だったら苦手なタイプだけど、大人の視点で見るとひねくれ方が最高に可愛い。なんだかんだあって上った高座でのネタは大嫌いな御祖母ちゃん。似た者同士の祖母と孫の掛け合いが面白かった。2015/10/01

tan

8
次の本が届くまでのつなぎに読んだ児童書。子供向けに読みやすく書かれていたけど、最後まで頑固なおばあちゃんは「元気のしるし」と見せたいのかもしれないけど、ちょっと偏屈すぎかな?もう少し優しい面も見せてあげたほうがほろっとくるし、後味もスッキリしたと思う。小学生では落語ネタは共感できないだろうし、表紙絵の可愛さと内容が合わない気がしました。2015/04/16

はゆ

3
娘が面白い!と太鼓判を押していたので読んでみた。確かに。落語という切り口も新鮮。なかなか、ここまで嫌味なおばあちゃん、最近はいないんじゃないかな。それを笑いに変えられるのがすごい。2016/02/08

ふわり

2
娘が小学校図書館から借りた本。 題名に惹かれて読んでみた。 落語を取り入れた面白い話だった。 アズキ(ショウコ)が陸上部なこと、ルミが 三味線を習っていること、繋がって面白かった。 私は、ミナミの言葉使いがあまり好きではなかったけど、 現代小学生には、この言葉使いの方が、入りやすいのだろうか。 ネガティブなことでも、ユーモアがあれば、明るいかんじになれる。教えてくれた。 そのユーモアが難しいんだけども。。 ぜひ、子どもには、ユーモアを磨いて欲しいと思った。2019/12/29

sora

2
マジうぜーと叫ぶ子と いやみ前回のおばあちゃん おせっかいな同級生2015/03/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5247981

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。