ポプラ社ノンフィクション<br> ホッキョクグマの赤ちゃんを育てる!―円山動物園のねがい

個数:

ポプラ社ノンフィクション
ホッキョクグマの赤ちゃんを育てる!―円山動物園のねがい

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月23日 03時38分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 143p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784591129906
  • NDC分類 K489

内容説明

ホッキョクグマはとてもデリケートな生きものです。環境や食事のささいな変化で、お母さんが赤ちゃんを食べてしまったり、うまく育てられなかったりすることも多いのです。そんな中で五頭の赤ちゃんを育てた円山動物園のとりくみをしょうかいします。

目次

第1章 動物園の飼育員になった!(死んでしまったトナカイたち;ホッキョクグマ入門)
第2章 ごめんね、ホッキョクグマの赤ちゃん(気むずかしいララ;はじめての出産立ちあい;散失の改造;世界の熊館をとじる?)
第3章 ララはお母さん(声がきこえた!;まっ白いぬいぐるみ;水をこわがるホッキョクグマ)
第4章 ララをささえて(つらい決断;なんてこった!;ホッキョクグマがいなくなる!)
第5章 円山動物園が目ざすもの(イコロとキロル;おめでとうララ!;動物園にできること)

著者紹介

高橋うらら[タカハシウララ]
東京都生まれ。動物保護、戦争、環境問題など「命」をテーマにした児童向けノンフィクションを取材執筆。日本児童文芸家協会、日本児童文学者協会会員。子どもの本・九条の会運営委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

白くまはとても敏感で繊細な生きものです。ホッキョクグマの飼育を通して、自分たち以外の生物のことも考えてほしいという円山動物園

白くまはとても敏感で繊細な生きものです。
些細な環境の変化や食事でお母さんが赤ちゃんを食べてしまったり、うまく育たなかったりします。
自分たち以外の生物のことも考えてほしいという円山動物園の取り組みをご紹介します。

はじめに
第一章動物園の飼育員になった!
(一)死んでしまったトナカイたち
(二)ホッキョクグマ入門
第二章 ごめんね、ホッキョクグマの赤ちゃん
(一)気むずかしいララ
(二)はじめての出産立ち会い
(三)産室の改造
(四)世界の熊館をとじる?
第三章 ララはお母さん
(一)声がきこえた!
(二)まっ白いぬいぐるみ
(三)水をこわがるホッキョクグマ
第四章 ララをささえて
(一)つらい決断
(二)なんてこった!
(三)ホッキョクグマがいなくなる!
第五章 円山動物園が目ざすもの
(一)イコロとキロル 
(二)おめでとうララ!
(三)動物園にできること