ポプラ社ノンフィクション<br> ホッキョクグマの赤ちゃんを育てる!―円山動物園のねがい

個数:

ポプラ社ノンフィクション
ホッキョクグマの赤ちゃんを育てる!―円山動物園のねがい

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月02日 20時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 143p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784591129906
  • NDC分類 K489
  • Cコード C8095

出版社内容情報

白くまはとても敏感で繊細な生きものです。ホッキョクグマの飼育を通して、自分たち以外の生物のことも考えてほしいという円山動物園

白くまはとても敏感で繊細な生きものです。
些細な環境の変化や食事でお母さんが赤ちゃんを食べてしまったり、うまく育たなかったりします。
自分たち以外の生物のことも考えてほしいという円山動物園の取り組みをご紹介します。

はじめに
第一章動物園の飼育員になった!
(一)死んでしまったトナカイたち
(二)ホッキョクグマ入門
第二章 ごめんね、ホッキョクグマの赤ちゃん
(一)気むずかしいララ
(二)はじめての出産立ち会い
(三)産室の改造
(四)世界の熊館をとじる?
第三章 ララはお母さん
(一)声がきこえた!
(二)まっ白いぬいぐるみ
(三)水をこわがるホッキョクグマ
第四章 ララをささえて
(一)つらい決断
(二)なんてこった!
(三)ホッキョクグマがいなくなる!
第五章 円山動物園が目ざすもの
(一)イコロとキロル 
(二)おめでとうララ!
(三)動物園にできること

内容説明

ホッキョクグマはとてもデリケートな生きものです。環境や食事のささいな変化で、お母さんが赤ちゃんを食べてしまったり、うまく育てられなかったりすることも多いのです。そんな中で五頭の赤ちゃんを育てた円山動物園のとりくみをしょうかいします。

目次

第1章 動物園の飼育員になった!(死んでしまったトナカイたち;ホッキョクグマ入門)
第2章 ごめんね、ホッキョクグマの赤ちゃん(気むずかしいララ;はじめての出産立ちあい;散失の改造;世界の熊館をとじる?)
第3章 ララはお母さん(声がきこえた!;まっ白いぬいぐるみ;水をこわがるホッキョクグマ)
第4章 ララをささえて(つらい決断;なんてこった!;ホッキョクグマがいなくなる!)
第5章 円山動物園が目ざすもの(イコロとキロル;おめでとうララ!;動物園にできること)

著者等紹介

高橋うらら[タカハシウララ]
東京都生まれ。動物保護、戦争、環境問題など「命」をテーマにした児童向けノンフィクションを取材執筆。日本児童文芸家協会、日本児童文学者協会会員。子どもの本・九条の会運営委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

shiho♪篠笛練習中♪

17
高図書本。飼育員・河西さんとメスグマ・ララの出産育児奮闘記。ララは過去に出産経験があるものの、育児を放棄。河西さんは何とかララの育児を成功させようとあの手この手で奮闘します。ママとして軌道に乗ったら、次は繁殖へ。絶滅危惧種のホッキョクグマを1頭でも多く誕生させたいと邁進。次の妊娠に向けて子グマは別の動物園へ。しかしそこで大失敗。男の子だと思っていたツヨシ(由来は新庄)が女の子だと判明、大ニュースに…。そこでめげないのが河西さん。日本の動物園を巻き込んでさらに種の保存を目指す姿に心打たれます。2021/11/13

おはなし会 芽ぶっく 

6
平成25年度北海道指定図書 高学年(5・6年生)2019/08/01

spatz

6
子ども向けの本だが、ちょうど釧路市動物園にいったばかりで、そこでみたホッキョクグマのツヨシ(オスだと判断されて名付けられたが実はメスだったのだ!)が円山動物園で誕生したときの話がでてきて、臨場感を持って読んだ。乱獲や温暖化などで絶滅危惧されているシロクマ、各地の動物園で連携して守り、数を増やそうとしている。先日みた釧路市動物園の人気者ミルクは活発な仕草が面白くみていて本当に飽きなかった。。2015/08/25

ファーリア

3
図書館で目に入ったので読んでみた。子供向けに書かれてるけど飼育員さんの苦労がよくわかった。来年以降もかわいい赤ちゃんが見れますように2015/06/08

ひらひら

1
円山動物園でのホッキョクグマの赤ちゃん誕生を追っていく話。ホッキョクグマの事を第一に考えて、さらに絶滅危惧種を保護・繁殖させる場所を目指す動物園の姿はかっこよかった。温暖化についても触れられていたので、ただ動物の飼育の話だけで終わらないところがよかった。切っても切れない話だから仕方ないが、もう少しクマの話とのバランスが取れていればもっとよかった。2018/10/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4965983

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。