ポプラ社の絵本<br> ごじょうしゃありがとうございます

個数:

ポプラ社の絵本
ごじょうしゃありがとうございます

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年12月02日 14時15分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 26cm
  • 商品コード 9784591129777
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

おばあちゃんの家に行くユウタはバスの終点まで乗り過ごしてしまいます! あわてて乗ったバスは、なにやらヘンテコなバスで・・・。

一人でおばあちゃんの家に行くことになった男の子・ユウタ。
バスの停留所まで見送りにきたお母さんが、くりかえし言います。
「いい、ふじみちょうで おりるのよ」
「うんうん、わかったてば」

実はおばあちゃんの家が苦手なユウタ。
「おばあちゃんと何を話したらいいんだろう。仏壇のおじいちゃんの写真もこわいし……」と
バスに乗り込み、くよくよと考えていたのですが、
いつのまにか、ゲームに夢中になってしまい……
終点まで乗り過ごしてしまいました!!

「どうしよう……」と、あたりをみまわしていると

プップー!

昔風のバスが止まっています。 
「ふじみちょう」に行くかどうか、尋ねてみようと近づいてみると……
「ごじょうしゃありがとうございます!!」
ユウタよりも小さな男の子が、あいさつしてきたのです。

あやしげなバスに、あやしげな運転手、そしてあやしげな乗客と行き先。。。

ユウタは無事、おばあちゃんの家に行けるのでしょうか……

超リアル! 超迫力!
シゲリカツヒコの精緻な描写で魅せる、ダイナミックな妖怪ワールド広がる一冊です。
読めば、あなたも一緒に大冒険!

内容説明

ぼく、ひとりでバスにのっておばあちゃんのいえにいくことになった。だけど、うっかりのりすごしてしまった!こまっていると、プップー!みるとヘンテコなバスがとまっていて…。

著者等紹介

シゲリカツヒコ[シゲリカツヒコ]
1962年、岐阜県生まれ。専門学校卒業後、フリー。「茂利勝彦」の名前で数々のイラストレーションを手がけてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みどり虫

120
またまたシゲリカツヒコさん♡おばあちゃんの家に一人でバスに乗って行くぞー٩( ᐛ )و…あれあれ、何だこのバス。どこへいくんだ?これはだれだ?うわぁぁぁ〜!お、お、おじいちゃん!あ〜、おばあちゃん!…なお話。ワラシかわいい♡バスの中の張り紙とか、隅々まで楽しくて、ちょっとあったかいお話だよ🚌2021/03/26

☆よいこ

59
夏休みひとりでバスに乗っておばあちゃんの家に行くユウタ。ゲームに夢中になって終点まで行ってしまい大困り。慌てて引きかえそうと、怪しげなバスに乗ってしまった。乗客は妖怪たち、行き先は地獄や川の中や、宇宙まで!月からの帰り道、バスは隕石にぶつかってしまう。バスの運転を任されたユウタは亡くなったおじいちゃんの声を聞いた。▽つぶらな瞳のわらし運転手が可愛い。出てくる妖怪たちもユーモラス。2019/02/24

紫 綺

58
愉快痛快、妖怪奇々怪々な絵本。リアルだけどコミカルな絵が楽しい♪おじいちゃんとも話せたし、よかったねユウタ!2021/06/19

小夜風

25
【図書館】わぁ♪面白かった~!凄いドラマチックで、映画一本見たくらいの気分です。リアルな絵が凄く良いです♪ただの冒険に終わらず、素敵なエピソードが入ってるからグッと来ますね。人面魚があちこちにいてギョッとします(笑)。2014/09/30

ヒラP@ehon.gohon

24
途中から、どうなってしまうのだろうとはらはらドキドキしてしまうバスの旅でした。お化けの国、海の底、そうかと思うと宇宙にまで飛び出したバスですが、とにかく絵が美しい。 内容よりも絵に見とれていたのですが、ちゃんとお話にも筋が通っていました。 おばあちゃんの家までのひとり旅。死んだおじいちゃんはバスの運転手だったのですね。 文字が絵に埋もれて、見づらいところがあるのだけが残念でした。2020/09/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5149246

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。