ポプラ社の絵本<br> ごじょうしゃありがとうございます

個数:
  • ポイントキャンペーン

ポプラ社の絵本
ごじょうしゃありがとうございます

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月13日 20時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 26cm
  • 商品コード 9784591129777
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

ぼく、ひとりでバスにのっておばあちゃんのいえにいくことになった。だけど、うっかりのりすごしてしまった!こまっていると、プップー!みるとヘンテコなバスがとまっていて…。

著者紹介

シゲリカツヒコ[シゲリカツヒコ]
1962年、岐阜県生まれ。専門学校卒業後、フリー。「茂利勝彦」の名前で数々のイラストレーションを手がけてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

おばあちゃんの家に行くユウタはバスの終点まで乗り過ごしてしまいます! あわてて乗ったバスは、なにやらヘンテコなバスで・・・。

一人でおばあちゃんの家に行くことになった男の子・ユウタ。
バスの停留所まで見送りにきたお母さんが、くりかえし言います。
「いい、ふじみちょうで おりるのよ」
「うんうん、わかったてば」

実はおばあちゃんの家が苦手なユウタ。
「おばあちゃんと何を話したらいいんだろう。仏壇のおじいちゃんの写真もこわいし……」と
バスに乗り込み、くよくよと考えていたのですが、
いつのまにか、ゲームに夢中になってしまい……
終点まで乗り過ごしてしまいました!!

「どうしよう……」と、あたりをみまわしていると

プップー!

昔風のバスが止まっています。 
「ふじみちょう」に行くかどうか、尋ねてみようと近づいてみると……
「ごじょうしゃありがとうございます!!」
ユウタよりも小さな男の子が、あいさつしてきたのです。

あやしげなバスに、あやしげな運転手、そしてあやしげな乗客と行き先。。。

ユウタは無事、おばあちゃんの家に行けるのでしょうか……

超リアル! 超迫力!
シゲリカツヒコの精緻な描写で魅せる、ダイナミックな妖怪ワールド広がる一冊です。
読めば、あなたも一緒に大冒険!