ポプラ文庫ピュアフル<br> ぼくらのモンスターハント

個数:

ポプラ文庫ピュアフル
ぼくらのモンスターハント

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月26日 15時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 256p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784591129425
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

本好きな摩耶が見つけた「モンスター辞典」それは町の悪者たちが次々と記される不思議な本だった。大人気の「ぼくら」シリーズ第二弾

内容説明

本好きの摩耶が書店で偶然見つけた「モンスター辞典」。それは、街の悪者たちの名前が次々と現れるという不思議な本だった。摩耶は、ある事件をきっかけに学園を退学になった「ぼくら」と手を組み、町にあふれる悪事を撃退しに出かけることに。悪者退治をし始めると、新任でやってきた校長・赤堀の様子がおかしいということがわかってきて…。大人気の「ぼくら」シリーズ文庫第二弾!大人たちの闇をあばく、痛快エンターテインメント。

著者等紹介

宗田理[ソウダオサム]
1928年、東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業。父親の死後、少年期を愛知県ですごす。大学入学と同時に上京、出版社勤務を経て作家活動に入る。1979年、直木賞候補作となった『未知海域』で作家デビュー、社会派ミステリーや企業情報小説等で活躍。「ぼくら」シリーズ(全29巻)が代表作。教育問題、豊橋ふるさと大使などでも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みずいろ🌠ゲーム好きですよ誰か一緒に話そうよ

10
面白かった。2020/02/04

さゆき

4
何も残らない。2013/05/10

まるこ

3
角川の文庫を全部持ってるし、徳間から出たのも持ってる。(全部じゃないけど…)ぼくらシリーズはすごく痛快でわかりやすいところが魅力だと思ってます。後半から、だんだん難しくなってきたんだよなぁ~読者層もずっと追ってってたら内容も変化してもおかしくないのかもしれないけど。ぼくらシリーズっぽくなくなって…今回もちょっとそう。ファンタジー要素が入ってるなって思ったもん。2013/06/24

ピカ

2
再読。前半部分は「ぼくら」らしくて楽しかったけど、後半は何だか物足りなかった。みんなの細かい心情がもっと読みたかったな。2013/10/17

ひぐ

2
モンスター辞典を手に入れて、社会(と言っても身近なところ)に蔓延るモンスターを退治する話。最初のつかみは非常に良かったし、夢中になって読めた。だけど、後半になってあまりのめり込めなくなってきて、ちょっと「ん?」と感じた。あの感じの原因はなんなんだろう?個人的には少年たちの活躍する話なので、好きな部類。2012/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4741577

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。