野球の神様がくれたもの

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 233p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784591121276
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0095

目次

1 アメリカへ(ジャイアンツ退団;悔いは残った;不安でいっぱいのアメリカ ほか)
2 早稲田へ(早稲田への夢;野球を学問したかった理由;早稲田大学大学院入学式 ほか)
3 これからの野球界へ(僕の学生時代;若い選手たちへ―バランスの大切さ;アマチュア連盟へ(1)―プロアマ一体の人材育成 ほか)

著者等紹介

桑田真澄[クワタマスミ]
1968年4月1日兵庫県生まれ。’86年PL学園高校卒業。PL時代は1年生からエースとして5季連続甲子園出場。2度の優勝と2度の準優勝を誇る。甲子園での20勝は戦後最多。6本塁打も史上2位の記録。’86年ドラフト1位で巨人入団。’87年に沢村賞獲得。’94年最多奪三振王になり、MVP獲得。’06年巨人退団。パイレーツとマイナー契約。’07年6月メジャーリーグ昇格。8月パイレーツ退団。’09年4月早稲田大学大学院スポーツ科学研究科入学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

再び読書

40
辛辣な言い方をすれば、早稲田にかぶれたスポーツ論文の様な読後感でした。桑田という選手はプロとしては、恵まれなかった体で巨人のエースを張った偉大な投手と思っているし、人として尊敬出来ると彼の本や言動から思っている。しかし、この本は心を揺さぶらなかった。最後のアマとの交流や指導者としての矜持を語って欲しかった。読み手の期待と書き手の意図が噛み合わなかった印象だ。よってこの本を貶める気は無いが、桑田氏は彼の語り口が有って良いのでは無いかと感じた。こんな中途半端は論文調の本は学校で発表して欲しい。またの著作に期待2017/10/05

壱萬弐仟縁

21
人生はいつ終わるか分からない。 自分の人生に悔いを残したくない(16頁)。 僕も読書を継続しているが、 いつまで続けられることでもない。 読めるだけ読んでおくようにしている。 ポイントは明朝体太字。 克己心の大切さを説かれる(37頁)。 自分の目で見ることの大切さも説かれる(45頁)。 自分次第の人生と気づかされる。 野球害毒キャンペーンの時代もあった。 1911年頃のことである(104頁)。 その後人気に転じる。 桑田さんは独自データを収集し、 修士論文を認(したた)めた。 2014/04/13

ライアン

7
「他人と比較してはいけない。自分は自分らしく」「自分でやったことは後で必ずプラスになる」など桑田さんの言葉は力強く後押ししてくれる。早稲田大学院での論文は面白かった。学生野球の父飛田穂洲は指導者時代と評論家時代では言ってることが違い(これはある事情もあるのだけど)それが間違った形で後の指導者に伝わったのは残念2014/09/06

手ぬぐいゲッター

2
野球にもスポーツ科学を取り入れるのはいいことだと思います。 桑田さんには今後も頑張って欲しいです。2015/06/01

catoo

1
桑田真澄の野球に対する想いと、今後の野球界へ提言を述べた本書。桑田曰く、「野球道」は誤解されて浸透されている。シゴキ,体罰,選手・指導者のマナーの悪さが間違って継承されている事に提言をしている。本来スポーツは楽しむべきもの。指導者や野球界に対して「野球道の再定義」を促す一冊である。2017/03/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2957958

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。