チャーリーとの旅

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 446p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784591097267
  • NDC分類 935
  • Cコード C0098

内容説明

自分はどれだけ祖国の実情を知っているだろう―そんな疑問にとりつかれた作家スタインベックは、特注キャンピングカーに愛犬チャーリーを乗せ、アメリカ一周の旅に出た。人生の哀歓と自然の美しさに彩られた旅は、まるで人生そのもののように浮沈を繰り返しながら進んでいく。孤独とともに16000キロを走り抜けた4ヶ月。いまなお世界中の読者に愛される、旅文学の傑作。

目次

旅立ちの前に
東部から中西部へ(旅立ちの決意といくつかの出会い;ニューイングランド地方を北へ;メインの団欒、ヴァーモントの業火、ニューヨークの道案内 ほか)
大分水嶺と西部(シカゴの再会;イリノイ、ウィスコンシン、ミネソタ・秩序と混乱;ミネソタからノースダコタ・思索と芝居 ほか)
テキサス州と南部、そして家路(テキサスの姿;恐れていた南部へ;ニューオーリンズのチアリーダー ほか)

著者等紹介

スタインベック,ジョン[スタインベック,ジョン][Steinbeck,John]
1902年カリフォルニア生まれ。スタンフォード大学中退後、新聞記者など多くの職業を転々とした末、『黄金の杯』(29年)で作家デビュー。『二十日鼠と人間』(37年)で文壇的地位を確立した。社会派の傑作『怒りの葡萄』(39年)でピューリッツァ賞を受賞、一躍人気作家となる。52年には長編小説『エデンの東』を発表した。いずれも映画化され、大ヒットを記録。その後も意欲的に作品を書き続け、その写実と叙情に富んだ作風、ユーモアと鋭い社会感覚が評価され、62年にノーベル文学賞を受賞。1968年死去

竹内真[タケウチマコト]
1971年生まれ。98年『神楽坂ファミリー』で第66回小説現代新人賞、99年『粗忽拳銃』で第12回小説すばる新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

379
1960年。時にスタインベック58歳。彼は愛犬チャーリー(スタンダードプードル)をお供に、全米34州16.000kmの旅に出た。その目的は、「アメリカとはどんな国か」を身をもって知ることにあった。したがって、漫然とした紀行ではなく、いたって思索的な旅である。スタインベックは'60年の段階で既にアメリカの何処でも画一化が進んでいると嘆いている。ことに主要な道路沿いの街々では。もっとも、その一方ではテキサスをあたかも独立国のような特異な存在であるとも。また、旅の終盤では深南部の公民権運動にも言及している。2021/06/03

ケイ

129
58歳のスタインベック。旅情にかられ、ロシナンテ号を用意し、老犬プードルをお供にNYを出発。まず北へ、そして西へ。そこまでの旅情が、出身地のカリフォルニアに入り、妻の故郷テキサスでも客観的でなくなってくる。旅の前半で偶然にもてた哲学的出会いもなくなり、故郷を失ったことを知り、テキサスではざわつきを感じる。そして、ルイジアナでは、まさに渦巻いていた公民権運動に心乱された。ああ、これはケネディが大統領になる前の、キング牧師が殺される前の南部だったのだ。最後には何があったのだろう。想像はつく。2021/01/31

ペグ

99
(アメリカ人とは現在、どういう存在なのだろう?)そんな思いで愛犬チャーリーとの旅に出るスタインベック。画一的な都会を避け郊外をひたすら走る。シンクレア・ルイスの名前が出てきてニンマリ。後半のニューオリンズの場面は圧巻。人種間の問題の根深さ。 読後、呆けている自分。おこがましいことを言えばほんの少しだけスタインベックを垣間見れた気がしている。2021/08/25

やいっち

86
原書は1962年刊の本。スタインベックは1968に死去。58歳になって目的地のない旅を決断。本書を読んで感じるのは、フレンドリーでオープンな性格。旅先のあちこちで見ず知らずの人と出会い、コーヒーで語らい酒を酌み交わす。決して人間嫌いがゆえに当てのない長旅に出たのではない。あくまで天性の放浪癖。本書は、スタインベックファンなら楽しめるだろう。2021/01/16

こばまり

52
果たして全て本当に起きたことなのか。一部創作も混じっているのではないか。旅の長い夜、傍には犬。じっと焚き火の炎を見つめて。それ程に人々との邂逅が味わい深い。今回の再読では旅の終わりの部分が寂しくてとても心に残った。2021/08/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/505859

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。