世界中の息子たちへ

個数:

世界中の息子たちへ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月23日 02時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 41p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784591082379
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0795

出版社内容情報

戦争とは命を奪うこと。その痛みを私たちは、考えてきたでしょうか。存在感のある写真と詩が、戦争について考えさせてくれます。

著者等紹介

堤江実[ツツミエミ]
東京都出身。立教大学英米文学科卒業後、文化放送アナウンサーとなり、会社経営を経て、現在、著作、翻訳、講演の他、ミュージシャンとの競演で自作の詩を朗読するポエムコンサートを展開。世界一周クルーズ船飛鳥「詩の朗読教室」講師

高橋邦典[タカハシクニノリ]
1966年宮城県生まれ。フォトグラファー。1989年渡米。1996年度ボストン報道写真協会フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー受賞。1999年度、2000年度ニュース部門第1位受賞。2003年AP通信メンバー、フォト・オブ・ザ・イヤー受賞。沢田教一賞受賞。著書に『ぼくの見た戦争 2003年イラク』(第9回日本絵本大賞受賞)シカゴ在住
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

25
タイトルと表紙の写真に胸をうたれました。純粋で、まっすぐで、人を疑うことを知らなくて。だからこそ彼らの心を憎しみや、与えられた価値観で染めたくない。そうは思っていても…。世界中の子供たちがみんな愛しい。殺しあうことの醜さよ…。けれども、それを与えているのは上の世代なのだ。2020/04/03

スー

22
いやー堪えました。あなたのお父さんとお母さんを妹や弟達を爆弾で奪い取ったのは私です、あなたの腕を半分と足を一本ちぎりとばし背中いちめんにケロイドのあとを残したのは私です、それを安全な場所に守られながらただぼんやりと傍観してたのはこの私です。実行するのも見て見ぬふりするのも同罪なんですね。どんな大義があっても私はあなたが殺されるのを見たくない、どんな大義があっても私はあなたが殺すのを見たくない。親は子供が当たり前に幸せに生活するのを望んでいるのですよね、子供達の笑顔が素敵でした。2018/07/10

ヒラP@ehon.gohon

21
表紙は、死んだ仲間に黙祷を捧げる兵士の写真でしょうか。 この写真と、中に掲載された子どもたちの表情との、言い様のない距離感が、戦争の真実だと思います。 「詩は写真に似ています。」とあとがきに書いた堤江実さんの詩は、高橋邦典さんの写真から読みとった「戦争」です。 写真の語る、希望も悲しみも、喜びも困惑も、みんな平和の中にないことを噛みしめました。 安易な平和論ではなく、身近に戦争があることを、考えなくてはいけませんね。2020/03/19

けんとまん1007

19
今もこの地球のどこかで起きていること。戦争・紛争。そこには、兵士がいる。兵士だけでなく、一般人もいる。その兵士の多くが、親から見ると息子であり娘でもある。また、少年兵もとても多いと耳にしたことがある。一人の親として、自分の子供たちを思う気持ちは同じだと思う。いのちを奪う、奪われる。しかも、そういう状況に、無理やり追い込まれるというのが実際のところだ。2015/08/28

おはなし会 芽ぶっく 

18
『世界中の息子たちへ / 写真 / ものさし / ひとのふしぎ / 海よ / 尊い光景 / 不在 / いつかこの星から / あなたにできること / 私には名前があります / サークル / 未来へ 』 本のタイトルにもなっている『世界中の息子たちへ』の詩を読んで、心が絞めつけられました。内戦・紛争が今尚起っている国の子どもたちの写真と詩を知って、平和な国に住んでいる私たちは何ができるのだろうと改めて考えます。2020/11/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/220800

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。