漁師の食卓

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591078457
  • NDC分類 596.3
  • Cコード C0095

内容説明

日本でも指折りの美しい夕日を誇る瀬戸内の町、愛媛県双海町。この町で四十年間漁師を続け、季節料理店「魚吉」主人としても腕をふるう著者が、季節ごとの旨い魚をいかにして食べ尽くすかを語る。

目次

冬のうまいもん(幻のふぐ刺し;ふぐラーメン ほか)
春を告げる魚(春の味・ワカメの新芽とネバネバ…;春を告げる魚たち ほか)
夏のとっておき(初夏の魚・アマテガレイ;梅雨の水を飲んでうまくなるスズキ ほか)
秋の漁師料理(家庭で簡単にプロの味・ほうろく焼き;休みの日にはタチウオ釣り ほか)

著者等紹介

魚見吉晴[ウオミヨシハル]
昭和23年愛媛県生まれ。中学卒業後、高校のバレーボール推薦入学を断って漁師に。旬の魚がもつ、そのままのうまみをいかに楽しむかにこだわり、独学で料理の腕を磨く。1992年3月、「自然の中で育った魚のほんとうの味をもっと多くの人に知ってほしい」と地元伊予灘で捕れる天然の魚だけをあつかう季節料理魚吉を愛媛県双海町に開業
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

おいしい魚の見分け方、存分にそのうまさを楽しむ方法を、漁師の目と料理人の腕を 持つ著者が伝授します。 活きのいい写真も満載。